ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

激ウマなカロリーおばけ! チーズと砂糖の誘惑「悪魔トースト」を作ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、メシ通レポーターの藤田佳奈美です。突然ですが、みなさんは「悪魔トースト」をご存じですか? 食パンにチーズを乗せ、たっぷりの砂糖をかけたお手軽トーストのこと。このカロリーおばけのトーストが今ネットで話題になっています。「高カロリーだけど、まるで悪魔に取りつかれたかのように食べたくなるトースト」とささやかれており、全国のあまじょっぱいファンの心をわしづかみにしているようなのです。

目下ダイエット中の筆者ですが、これは食べなければならないという謎の使命感に駆られ、早速作ってみることにしました。誰でもカンタンにできるので、『メシ通』読者の忙しい朝にもおすすめです。

材料

食パン、砂糖、とろけるチーズのみ!

基本はこれだけで作れるのですが、最近では「悪魔トースト」アレンジも流行っているようなので、

マヨネーズ、パルメザンチーズ、メープルシロップも用意しました。確かにどれも合いそう。ほかにもシナモンや蜂蜜、マシュマロ、ベーコンなども相性抜群だといいます。

作り方

ほぼ説明はいらないのですが、ひとまず順を追ってみましょう。

まずは砂糖を食パンの上に敷き詰めます。お好みの量でOK。

チーズを乗せます。とろけるチーズがなければ、ミックスチーズでもなんでも大丈夫です。

砂糖は焦げやすいので様子を見ながらトースターで焼いて完成。見た目は普通のチーズトーストです。

包丁を入れると砂糖が固まっているせいか、ガリッとした音が。砂糖が多めだとトーストも固く仕上がるようです。手順を逆にして、チーズをのせてから砂糖をかけると表面がカリッとするのでお好みでどうぞ。

写真ではわかりにくいのですが、奥のトーストにはメープルシロップをかけてみました。

食べてみたら、筆者は悪魔のトリコに……

食べた瞬間、「あ、この味を知らなければよかった……」と絶望しました。それほどに、名前負けしていない激ウマトーストに仕上がっていたのです。砂糖の甘さもチーズの塩っけも、お互いがお互いを引き立てており、これはやみつきになりそう。甘い、しょっぱい、甘い、しょっぱい、伸びる、チーズ……。これを深夜に思い出したら、飯テロもいいところです。メープルシロップをかけたものは、なんだかビターな風味も増してさらに○。

「給食のサラダに缶詰のみかん」や「酢豚にパイナップル」の組み合わせが苦手な人でも、チーズと砂糖の組み合わせなら受け入れられるのではないでしょうか。それほどに違和感がないどころか、お互いの良さが相乗効果でアップしていると感じました。

ほかのアレンジもイケる!

メープルシロップ以外のアレンジを加えるのも、また違った味になってやみつきに!

デザート感覚で食べたい人は、シナモンをかければ風味もアップします。マシュマロを乗せるのもおいしいので、甘党ならばぜひ!

塩気がほしい人はマヨネーズをトッピングするのがおすすめ。コクもアップするのでより濃厚な味が楽しめます。チーズの主張を堪能したい人はパルメザンチーズを乗せるのもよしです。

ちょい足しアレンジすることでさらにハイカロリーなことになっていますが、もうこの際関係ない……。

これを朝に食べればカロリーチャージはもちろんのこと、糖分により頭の回転も期待できるはず。この悪魔ぶりをみなさんもぜひご堪能あれ。

書いた人:藤田佳奈美

セーラームーン世代。幸せに満ち足りた時よりも、おセンチだと筆が進むタイプ。未婦人の頃から「婦人公論」が愛読書。蕎麦に熱燗の組み合わせと、台所で料理しながら飲む麦酒が好き。かわいい系のアルコールって肴に合わないよね? Twitter:@yakou_chuu_

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

ホットサンド7日間チャレンジ。毎朝違う具をはさんで食べたらマンネリ日常に変化アリ?
【お雑煮マイスター】たった10分でできる簡単雑煮&一晩寝かせたこだわり雑煮のレシピ
パクチーボーイ エダジュンの「さんまとパクチーのキムチ味噌煮込み」

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP