ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46、橋本奈々未卒業曲がオリコンシングル1位 2ndシングルから15作連続

DATE:
  • ガジェット通信を≫

乃木坂46の最新シングル「サヨナラの意味」(ソニー・ミュージックレコーズ/11月9日発売)が、発売初週に82.8万枚を売り上げ、今週発表の最新11月21日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:11月7日~11月13日)で初登場1位を獲得した。

乃木坂46はシングル1位獲得作品数を通算15作に更新(※⼥性グループ歴代4位)。また今作は、前々作「ハルジオンが咲く頃」(今年3月発売)の初週売上75.0万枚を上回り、シングル自己最高初週売上枚数を記録する好スタートとなった。

同時に「シングル連続1位獲得作品数」も、2ndシングル「おいでシャンプー」(2012年5月発売)から15作連続としており、同記録ではAKB48(32作連続)、SKE48(16作連続)に続く⼥性グループ歴代3位につけている。

切ない出会いと別れを描いた今作表題曲で初のセンターを務めるのは橋本奈々未。来年2月をメドにグループ卒業のみならず芸能界から引退することも発表している橋本は、⽂字通り“最初で最後”の大役を⾒事に務め、有終の美を飾った。

関連リンク

乃木坂46 オフィシャルサイトhttp://www.nogizaka46.com/
乃木坂46 オフィシャルYouTubeチャンネルhttp://www.YouTube.com/nogizaka46SMEJ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP