ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松尾伴内の話

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

プロの芸人たちがよりすぐりの傑作エピソードを披露! クスッと笑える「すべりにくい話」をお楽しみください。

松尾伴内の話

なごみ堂です。

 

居酒屋で飲んでたら、たけし軍団松尾伴内さんが入ってきた。

 

僕ら、売れない芸人からすれば、松尾伴内さんて、売れてる芸人。

 

背もちっちゃくて、顔もごつごつしてるのに、

 

ウエスタンハット被って、トンボのブローチつけて………

 

目立つなあ、やっぱり、売れてる芸人は」って思って………

 

で、2時間後、松尾伴内さんのほうが、「お会計」になって、

 

席を立ったとたんに、2時間ずつと服にとまっていたトンボのブローチが、飛んだ

 

本物のトンボだった。

 

売れてる人はすごいなあ」と思いました。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP