ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

動画まとめサイトが再び注目を集めている理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「好きな時に好きな番組を見たい」。そんな願いを叶える手段やアイテムは揃ってきました。しかし、なんだかんだいって無料であらゆる動画を好きな時に見られる「動画まとめサイト」が最強です。動画まとめサイトが再び注目を集めている理由を見ていきましょう。

動画まとめサイトが最強と再注目

「もう動画まとめサイトの価値は高くない」。そんな声が聞こえてきたのは、ちょうど1年前、民放公式テレビポータルサイト「TVer」がスタートした時。加えて、東芝やパナソニックから全録レコーダーが続々とラインアップされたことでその声はさらに大きくなりました。

以前は自宅のレコーダーではカバー仕切れない番組がどうしてもあったため、動画まとめサイトに頼らざるをえなかったものです。TVerや全録レコーダーの出現によりその価値は暴落しました。

しかし、ここ最近再びささやかれ始めたのが「動画まとめサイト最強説」。なぜなら、TVerのコンテンツ数は各局の大人の事情により50ほどしかありません。さらに、全録レコーダーは本当に地デジを全録できる上位機種は10万円以上と高額。やっぱり、動画まとめサイトが最強と再注目されているのです。

動画まとめサイトで逃さず視聴

ちなみに、TVerは日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビの民放5局が運営している公式のテレビポータル。配信コンテンツは、過去1週間分の50番組ほど。番組再生時に15~30秒間のCMが流れますが、見逃した番組を高画質で見られるメリットがあります。

しかし、動画まとめサイトなら、TVerでは配信されていない人気コンテンツを逃さず視聴可能。複数の動画サイトから番組をまとめているため、リンク切れの心配も少なくなっています。

放送直後の番組はもちろん、過去の名作コンテンツが堪能できるのも魅力です。バラエティなら「バラエティ動画を視聴! バラ動画」、アニメなら「Youtubeアニメ無料動画」がよく知られています。

関連記事リンク(外部サイト)

ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは
アキバで品切れ続出!Androidテレビ端末が大人気

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。