体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「悲しいものは美しい」秋の絶景の中、最も記憶に残るドラマティックな別れ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

genji-24

秋はなにもなくても物悲しく寂しいもの。それでも、秋の澄んだ美しい情景の中だからこそ美しい風景、というものもありますよね。今回は秋の絶景の中で最上の別れを惜しむエピソードを紹介します。

紫の上と結婚後も続く、ポスト正妻争い

可愛い紫の君が妻・紫の上となってから約1年。この間、源氏は彼女を厚遇しますが、別にたくさん正妻がいてもいい時代。葵の上亡き後、源氏が誰と再婚するのかが非常に注目されていました。

まず、朧月夜。彼女は花宴で源氏と関係を持ち、今もしっかり続いています。キズモノになったということで、表向きには正式な妃である『女御』ではなく、御匣殿(帝のご衣装を整える女官)の役職を賜っていました。

父親の右大臣と姉の太后も二人の仲を知っているので、右大臣は「どうだろう。葵の上も亡くなったし、六の君(朧月夜)が源氏を好きなら、結婚させてやっては」。

太后はこれにムカついて「甘いことを仰ってはいけません。宮仕えも徐々に地位が上がればいいのです。はやく後宮入りを」

自分の夢を次々にぶち壊す源氏が憎い!そもそも葵の上だって、息子の朱雀帝の妃にしようと思って申し込んでいたのに、源氏に横取りされたし…と、太后の怒りは収まりません。

仮に結婚しても、朧月夜の性格では結婚に興味がなさそう。この縁談も夢と消えます。

もう一人は六条。彼女こそ源氏と付き合いが長く、結婚するのにふさわしい。世間は本命視していますが、2人の間には生霊という暗い溝が…。源氏は「あの人との結婚は重すぎる」、六条も「私は彼に絶対に選ばれない。伊勢へ行こう、未練を断ち切ろう」

斎宮の潔斎も終わりに近づき、いよいよ伊勢への旅立ちの日が近づいてきます。源氏も重い腰を上げ、一度も行かなかった六条の仮住まい、嵯峨・野宮へ足を向けました。

「神聖な場所なのに…」ためらいつつ再会する恋人たち

ずっと手紙だけだったのに、ついに彼が来るという…。神聖な場所で男性を迎え入れるのはどう思われるだろうか、など色々と悩みますが、やっぱり源氏と会えるのは嬉しく「御簾越しに話すなら」と言い訳して、心待ちにしていました。

源氏はお供も少なくし、馬で野を駆け、野宮へ。秋の草はもう枯れ果て、微かに聞こえる虫の音も寂しく、松を渡る風だけが響き渡ります。そこにかすかに交じるのが、六条が演奏する楽器の音色。なんとも情趣溢れる様子です。

野宮は簡素ながら、黒木でできた鳥居も神々しく、俗世間の人間が紛れ込むのが遠慮されるような場所でした。神職の姿がちらほらと見えます。こんなひっそりとした空間に、あの繊細な人が何ヶ月もいたのかと思うと、さすがに痛ましい気持ちになります。

訪問の挨拶を取り次がせるものの、六条本人はなかなか出てきません。「今更よそよそしい扱いをしないでください。直にお話したいことが山ほどあるのです」。六条の女房たちも同情して、出てくるように促します。

六条は彼を招じ入れていいのか迷い、ここは娘が潔斎する聖域なのに…とため息を付きながら、そっと奥から出てきました。月明かりに照らされた彼の姿はこの上なく美しく、久しぶりに見るとまばゆいほどです。源氏は御簾の下から榊の枝を差し入れます。

「神垣はしるしの杉もなきものを いかにまがへて折れる榊ぞ」「少女子があたりと思へば榊葉の 香をなつかしみとめてこそ折れ」。どう間違えてここへ、とたしなめる六条と、でもこの場所だからやって来たんだ、という源氏。

厳かな雰囲気に圧倒されつつ、源氏の上半身は既に室内に入り込んでいます。上弦の月が明るい夕べのことでした。

最後の夜、筆舌に尽くしがたい2人の別れ

彼女の方が源氏に夢中だった時、源氏はよそ見ばかりして、顧みようとしなかった。例の生霊の件があってからは、ますます心は冷めていき、もうやりなおせない…。でも久しぶりにこうして逢えば、出会った頃の気持ちが蘇ります。

「自分はまだこの人のことが好きだ。でももう彼女は遠くへ行ってしまう」。源氏は思い余って泣き出します。六条も努めて抑えつつ、流れる涙を止められません。

行くんだったら行けばいい、なんて突っ張った言い方をしていたのもどこへやら。
「やっぱり、伊勢になんか行かないで下さい」。今や源氏は出立を食い止めようと必死です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy