体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GANG PARADE、7人体制で立った当たり前じゃない大切な新宿BLAZEーーOTOTOYライヴレポ

GANG PARADE、7人体制で立った当たり前じゃない大切な新宿BLAZEーーOTOTOYライヴレポ

2016年11月13日(日)、GANG PARADEが7人体制初のワンマン・ライヴ〈GANG PARADE Barely Last TOUR Final〉を新宿BLAZEにて開催。同ライヴ内で、ワンコイン・シングル『Plastic 2 Mercy』を12月27日(火)に発売すること、12月3、4日の2日間で200kmの駅伝企画を行うことを発表した。下記に同日のライヴレポートを掲載する。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽

■3人の新メンバー加入で変わるGANG PARADE

「GANG PARADE」「〈Barely Lastツアー〉」「ファイナル」「はじめます」。

カミヤサキ、ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・マイカの4人が一言ずつMCのリレーをして挨拶をすると「3rd FLOOR BOYFRIEND」のイントロが流れ、〈Barely Lastツアー〉が幕を開けた。

GANG PARADEは、プラニメからPOPへ改名後、さらに心機一転し2回目の改名をしたグループだ。2016年夏〜秋にかけてメンバーのシグサワアオとイヌカイマアヤがグループを脱退、10月2日の名古屋ワンマンで新メンバーのキャン・マイカが加入し、BiSの公式ライバル・グループであったSiSの元メンバーの3名ーーテラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン、ココ・パーティン・ココの電撃加入が10月6日に発表された。

新宿BLAZEでのワンマンは7人体制では初めてのライヴであり、新メンバー3人が加入したことでGANG PARADEがどのような変化を見せるか? そこが大きなポイントとなった。

可能性として、グループに新しい風をもたらし前に進むための起爆剤にもなれば、これまで積み上げてきたものを壊してしまうかもしれない。どちらの未来も想定することができる。そうした期待と不安を感じていたのは、メンバーはもちろん、遊び人(GANG PARADEファンの呼称)も同じだっただろう。

振り返ってみると、この数ヶ月メンバーは夜な夜なスタジオに入り深夜練習を重ねてきた。OTOTOYに掲載したソロ・インタヴューは、深夜練習を終えて一睡もせずにあらわれた3人に取材したものだ。言葉通り寝る間を惜しんで練習を重ねてきたわけだが、練習と本番はまた勝手が違う。しかも前日までは4人体制でインストア・ライヴを行っていたため、もともとのメンバーたちも一夜にしてフォーメーションが変わるという中、ワンマンに臨むこととなった。果たしてそのライヴはどうなるのか。

■7人によるGANG PARADEの初ステージ

約15分押しで暗転しSEが流れ終わると、ステージ上の幕が開き、バックライトの中7人のシルエットが浮かび上がった。ギャング感をイメージしたような外林健太による新衣装をまとい、GANG PARADEの決めポーズをしている7人。ステージ上の彼女たちを見て最初に感じたのは圧倒的な数の迫力だった。7人がステージに横並びになった姿からは、これまでのGANG PARADEとはまったく違う雰囲気が伝わってきた。

楽曲がはじまるとステージ上を動き回り、新たに歌割りされた楽曲を歌っていく7人。左右のフォーメーション移動の際、メンバー同士がぶつかり合うこともあれば、振りの大きさにばらつきがあるなど、これまでのGANG PARADEからは考えられないつたない部分も見られたが、なにせこれが初ステージ。いきなり25曲の歌とダンス、しかもアンコールを除く24曲をMCなしで突っ走るのだ。7人とも必死だ。

2曲目「don’t forget me not」は、11月8日にリリースされたばかりのアルバム『Barely Last』に収録された疾走感に溢れた楽曲だ。サビ部分の振り付けではBiSの「primal.」を模した部分が出てくるが、この曲では正面を向いたまま両手を天にあげており、ユメノユア作詞の内容が彼女たちの活動とリンクしていた。

〈たった一度 僕のSTORY 迷うこともたくさんある 間違い繰り返し 人は学ぶんだ 振り向かず進もう〉

カミヤサキの活動休止、100kmマラソンを経ての復帰、シグサワアオ、イヌカイマアヤの脱退など、これまでのGANG PARADEのストーリーを考えると、とても深く響くとともに前を向いて進もうという強い気持ちが見える1曲である。

ここからアルバム曲、これまでの曲を混ぜ、持ち曲全曲を披露していったが、シングル楽曲「QUEEN OF POP」が流れたときの盛り上がりが最も印象的だった。

1 2 3 4 5次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。