ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

担々麺の名店「麺厨房 華燕」の激ウマ「汁なし担々麺」を食す!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
f:id:mesitsu_lc:20160922035658j:plain

みなさん、こんにちは。

メシ通レポーターのsenaです。

今回は、ウマすぎる汁なし担々麺があるとの噂を聞きつけてやってまいりました。

大阪・高槻にある「麺厨房 華燕」です!

f:id:mesitsu_lc:20160922035800j:plain

店内はカウンターもテーブルもあって、店舗の前には駐車場もあるので、車でも来ることができて便利です。

f:id:mesitsu_lc:20160922035842j:plain

華燕のお客さんの7~8割が、汁なし担々麺を注文されるそうなんです。

f:id:mesitsu_lc:20160922035924j:plain

と、いうことで、わたしも汁なし担々麺を注文!

注文している間に、店長さんの山﨑さんにお話しをうかがいました。

――担々麺の汁なしっていうのは、どうして作ることになったんですか?

「うちに本店があって、本店は20年前から父がしていて、うちは3年ぐらい前からしているんですが、本店のお客さんで、『汁なしして!』っていう方がいたんです。それがきっかけですね」

――お客さんからの要望でできたメニューだったんですね。

「汁なしができたのは10年以上前ですね」

――温かい麺と、冷たい麺がありますが、やっぱり違いがあるんですか?

「味はいっしょなんですけど、めっちゃ違いますね。汁はないので、麺が温かいっていうことなんですけど、麺が温かい方が肉みそとよく絡むんですね。肉みそは、冷たい麺でも温かいんですけど、冷たい麺はやっぱりしっかりとコシがあるので。ほんとに全く違うメニューのようになります」

今回は、冷を注文!

f:id:mesitsu_lc:20160922040021j:plain

▲汁なし担々麺(800円)

色鮮やかでおいしいそうです。

いただきます!

f:id:mesitsu_lc:20160922040105j:plain

ほんとに汁がない!

でも味がしっかりと付いていて、白ネギ、みょうが、大葉の野菜の香りと食感がマッチしておいしい!!

――汁がないにも関わらず、しっかりと味が付いているのは、何の味なんでしょうか?

「肉みそですね。うちの肉みそは自家製で、豚バラから切って機械にかけてミンチを作っているので、麺に負けないように、ごろっと大きいんですよ。食べごたえがあるでしょう」

――本当に、食べごたえがあります。その中に、スパイスも効いているように感じます。

「辛さは、とうがらしで出しています。辛いのが苦手なお客さんもいるので、なしにしたり、反対に多めにしたりもできます。更に辛いのが好きなお客さんはハバネロ山椒なんかも用意させてもらっています」

f:id:mesitsu_lc:20160922040149j:plain

この、ハバネロ山椒はすり切れ一杯で、2倍の辛さになるそうです。

たぶん、いや、間違いなく結構辛い、

辛いのが大好きな方、ぜひ!

f:id:mesitsu_lc:20160922040333j:plain

ちなみに、普通の山椒や、ニンニクもあるので、お好みでそれを入れてかき混ぜて食べる方も多いとか。

f:id:mesitsu_lc:20160922040415j:plain

――半熟玉子が、辛さやコクをまろやかにしてくれますね。

「半熟玉子のかたさにもこだわっていて、あまり半熟にならないように、まろやかになりすぎないようにしています」

f:id:mesitsu_lc:20160922040459j:plain

確かに、玉子がとろとろし過ぎていないから、「半熟玉子」としてちゃんと存在して混ぜ合わさって食べている感じがしっかりあります。

――セットメニューで丼ぶりも付けられるんですね。

「350円で付けられるんですが、常連さんたちは、みんなライスを付けられますね」

――それは何でですか?

「うちのミンチは多めで味もしっかりと付いているので、最後のほうに残るんですよね。そこにライスを入れて、かき混ぜて食べると、最高においしいんですよ」

それは……絶対にあう!

その組み合わせ、マストですね。

みなさん、汁なし担々麺に、お好みの大きさのライス。

こちらのホットラインでご注文ください。

f:id:mesitsu_lc:20160922040639j:plain

お店情報

麺厨房 華燕

住所:大阪府高槻市真上町1-1-20シティコーポ真上1階

電話番号:072-681-5510

営業時間:11:30~14:30、18:00~21:30

定休日:木曜日

※金額はすべて消費税込みです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:sena

sena

大阪生まれ大阪育ち/もの書き/すきなもの/肉/アイス/わたがし/とうもろこし

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

赤い衝撃! 低糖質な「大豆パン」を焼く真っ赤な甲冑姿のパン職人【大阪】
40年続く老舗大衆食堂「力餅食堂」で、関西のローカルめし「木の葉丼」を食べる
らーめんカルボナーラ? かつてないコラボメニューを発見【大阪】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。