体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Perfume、約半年にわたるアルバムツアーが感動と大歓声に包まれて終幕

Perfumeの約半年にわたるアルバムリリースツアーが11月12日(土)の福岡ヤフオク!ドーム公演にてついにフィナーレを迎えた。
11月12日(土)@福岡ヤフオク!ドーム photo by 福島啓和 (okmusic UP's)
観客の手拍子が一段と大きくなり、天井に吊られたスクリーンでは、宇宙船を操縦するメンバーがこのツアーで回った会場をモニターで確かめつつ、最後行き先を福岡に設定するというオープニングムービーでライブがスタート。「Cosmic Explorer」の壮大なイントロが流れ始め、宇宙船に見立てた可動ステージに乗りメンバーが登場。今回のツアービジュアルイメージでも着用していた宇宙服のような衣装が楽曲に合わせて光りを放ち、歌いながら前を一心に見つめ中央のセンターステージへ移動していく様は、まるで宇宙船Perfume号から宇宙ステーションに降り立ったようだった。

「Pick Me Up」では《Pick Me Up! Pick Me Up!》というフレーズが鳴り響き、再びステージに赤と黒の衣装に早着替えをしたPerfumeが現れ、続いてライブ用にでアッパーなダンスチューンにアレンジされた「Cling Cling」で会場の熱をどんどん高めていき、そしてそのまま「ワンルーム・ディスコ」へ。ドームは早くも大きなディスコホールと化していた。

ここでお馴染みの自己紹介を行ない、「最終日、福岡ヤフオクドーム! みなさん遊びに来てくれてありがとうございます。このツアーは春から始まっておりましてGWくらいからかな? その後北米ツアーでアメリカ行って、帰ってまいりまして…。こちらご褒美のドームツアーでございます! うれしいね~。好評だって言って、追加になったのがドームって! ものすごい話です!(本来なら)ドームを目的にやるんです。それを初ヤフオク!ドーム!! 立っちゃいました!」と語り、また、昔ラジオCPに福岡に訪れていた頃の話しで「百道というとこ降りて、(ラジオに出演するために)右に曲がってたのに、右に曲がらず左に来たよ! すごいね。そしたらドーム入口って言うて、Perfumeって書いてあって…すごいね!!」とあーちゃんが初のヤフオク!ドームのステージに立った喜びを語った。そしてPerfume公演に合わせて福岡市営地下鉄の車両がラッピングされていることにも触れ、ファンの「(乗り心地が)よかった!」という声に対し、あ~ちゃんが「え?(乗り心地)変わるん??」と返し会場の笑いを誘った。

のっちは「福岡~! ヤフオクドーム! 楽しんでますか? 皆さんもやる気十分ですね。ツアーファイナルやる気満々のっちです。本当に福岡ヤフオク!ドームに立てるなんて思ってもみなかったんで感激してます、ありがとうございます。福岡は私たちにとって思い入れのある土地で、高校生の時かな?ラジオレギュラー番組としてPerfume起用してくれたのが福岡のラジオ局で。その頃は週1の番組だったんですけど、月2で直接福岡に来て収録して…。で、お弁当食べて帰るっていう(笑)そんな頃から手をかけていただいた思い出深い土地です。そんな思い出の詰まった土地でツアーファイナル迎えられて本当に幸せです。」と語った。

また、かしゆかは「実は名古屋公演のあとで髪を10cm切ったんだけど、メンバーもスタッフさんも、ヘアメイクさんでさえ誰一人気付いてくれなくて…」と福岡最終日に合わせ髪を切ってきたことを告げ「私も叫びたいんです。福岡~! 福岡! すごくない?? わぁ~って(歓声が)返ってくるの。」とヤフオク!ドームの広さを噛みしめつつも、「今日初めてPerfumeのライブ来た人? 分からないことは隣の人に聞いてください! たぶん何でも知ってるでしょう。グッズもたくさん着てくれてる!!」とツアーファイナルの感動を露わにした。

そしてあ~ちゃんが、ヤフオク!ドームのある場所(福岡市早良区百道浜)にちなんで、「も」「も」「ち」と観客をエリアごとにチーム分けし、Perfumeライブ恒例のコール&レスポンスが行なわれた。

MCに続いて披露された「Perfume Medley 2016 Dome Edition」と題したメドレーは「Relax In The City」から始まり、「ナチュラルに恋して」「マカロニ」とミドルテンポのナンバーが続き、「透明人間」より後半は「Twinkle Snow Powdery Snow」「セラミックガール」「心のスポーツ」「Sweet Refrain」と続いた。このメドレーはアリーナツアーでも披露されていたが、アリーナとは違う選曲で構成されてアリーナライブに来たファンも楽しめるようにと趣向が凝らされていた。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。