ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デスラビッツ改め「です。ラビッツ」に! 『ラストライブw』で改名&3代目部長の新登場を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デスラビッツが11月13日(日)LIQUIDROOMにて、ワンマンライブ『ラストライブw』を行なった。

会場はラストライブという触れ込みを真に受けたファンや、「またどうせ仕込みの詐欺だろ」と斜に構えたファンたちで満員御礼。

事の発端は2016年9月、デスラビッツの公式HPにて謝罪文が発表された。

(本文より抜粋)

突然の報告となってしまい誠に遺憾ではございますが、来年度へ向けたデスラビッツの活動が困難な状況に陥ってしまった事をご報告させて頂きます。

過度に味にこだわったラーメン付きCDのリリースや、部長ブラックラーメンの無料配布等での予算超過が社内で明るみに出てしまい、懲罰処分として、わたくし神崎部長の解雇が決定いたしました。

デスラビッツの他メンバー(えみ・ゆず ・かりん)に直接関係無い事ではありますが、連帯責任というケジメをつけさせて頂くという事で、11月13日恵比寿LIQUIDROOMを『デスラビッツ ラストライブw』として締めくくります。

デスラビッツ部長 神崎晃

その後の各種メディア出演や、ライブ会場でのMC中でも同様の内容を連呼する部長。そしてその内容が腑に落ちない女性メンバーたち。この図式を維持したまま、本番の『ラストライブw』を迎える事となった。

ライブはまさに圧巻。部長と称する190cmを超える男性メンバーがいる事の奇抜さや、部長vs女子メンバーの茶番劇が取り上げられる事が多いが、楽曲の良さこそがデスラビッツの真骨頂。迫力のパフォーマンスと、デスラビッツ軍と呼ばれるファン達の一糸乱れぬヲタ芸が織りなす空間はまさにデスラビッツ劇場だ。

結局、解散に関しては本番中に「本来の部長は解雇、3代目部長として衣装を変えて新登場〜!」「デスラビッツから『です。ラビッツ』に改名しました〜」とオチ付きで発表があった。「なんじゃこりゃ!」「騙された!」「そんなの分かってた!」等の怒号が飛び交う中、リーダーのゆずから「これからも応援宜しくお願いします!」という挨拶でワンマンライブは無事終了した。

「です。ラビッツ」の最新シングル「Anger」は11月16日に全国の主要CDショップにて発売。また、ラーメン付きの特別版は全国のヴィレッジ・ヴァンガードやライブ会場にて入手が可能。ラーメンの味には定評のある「です。ラビッツ」だが、今回は味噌味で勝負するとのこと。

漫画家のうすた京介デザインの新Tシャツや、2017年5月7日(日)新宿BLAZEにて行なわれるワンマンライブ、2017年秋の初全国ツアーも発表され、今後さらにパワーアップされた「です。ラビッツ」がシーンを賑やかしそうだ。

シングル「Anger」
2016年11月16日発売

【通常盤】

GACD-0021/¥926+税

【ラーメン付き】

GACD-0022/¥926+税

<収録曲>

・Anger

・茶番茶バンバン

・Anger[Instrumental]

・茶番茶バンバン[Instrumental]

《Bonus Track》

・Anger~部長勝手に録っちゃった♡バージョン~

《Vocal Parts for DJ REMIX 》

・Anger(デスラビッツ Vocal Data)

・Anger(部長 Vocal Data)

・茶番茶バンバン(デスラビッツ Vocal Data)

・茶番茶バンバン(部長 Vocal Data)

※「ラーメン付き」仕様は全国のヴィレッジヴァンガードでご予約・購入が可能です。(一部お取り扱いの無い店舗もあります)

















カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。