体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現役のデザイナーが語る!優秀なUI/UXデザイナーに不可欠なスキルとは

本稿は、Designmodeのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。本記事は、Webデザイナー・ライターのJake Rocheleau氏によって投稿されました。

 

UI/UXデザイナーの仕事の求人を見つけると、困惑を覚えるかもしれません。これら2つの仕事のスキルセットは密接な関係がある一方で、常に重なる領域があるとは限りません。たしかに優秀なUIデザイナーがみんな、ユーザー心理の理解に長けているとは限りません。同様に、優秀なUXデザイナーが皆、PhotoshopやSketchの使い方をマスターしているとは限らないのです。

しかし、求められるスキルセットには重なる領域が多いため、優秀なUI/UXデザイナーとなるには、試しに両方のスキルに挑戦してみることも必要です。

このガイドでは、優秀なUI/UXデザイナーになるために必要な基本的スキルについて紹介します。両方のデザイナーの役割をこなすことができれば、職業の安定化につながりやすいというメリットがあります。

またプロジェクトにおいて、全体像をはるかに把握しやすくなります。

 

目次

ユーザーの代弁者であること
ビジュアルコミュニケーション
デザインソフトウェア
共感力・クリティカルシンキング

 

ユーザーの代弁者であること

UI/UXデザイナーはユーザーの代弁者であるべきです。しかしユーザー自身ではありません。この違いを理解しておくことは重要です。というのも、製品を使うほとんどのユーザーは、UI/UXデザイナーと同等の専門性を備えていないからです。

ユーザビリティテストが非常に重要であるのは、こうした理由からです。製品の好ましい点・好ましくない点について、直接ユーザーに尋ねてみましょう。ユーザーの意見(フィードバック)を集めるのです。ユーザーの抱える問題の根本原因を見つけて、それを解決するために必要十分な修正のみ加えます。

UXの本質は、美しいインターフェースというよりも、UIの使い心地・振る舞い・ユーザーインタラクションへの応答にあります。細部にまで十分な注意を向け、あなたが優れていると思えるアイデアでも、ゼロから考え直す労を惜しまない姿勢が大切です。

デザイナーのあなたの好むデザインでも、それがほとんどのユーザーに受け入れられない状況では、アイデアを一度捨てて修正を加えることが一般的には賢明です。

01-uiux-wireframing-sketching-tools

ユーザーの不満に耳を傾け、彼らの本当に言いたいことを理解しようと努めることが大切です。ユーザーテストの大部分はUXの分野になりますが、このことはUIデザイナーとUXデザイナーの両者が心掛けるべきです。

どんなに美しいインターフェースも、適切に機能しなければ、何の価値もありません。

言葉や行動を通して、「ユーザーの代弁者であること」を実践しましょう。これは、UXデザイナーに第一に求められるスキルです。具体的なスキルではないため、習得するのが難しく思えるかもしれません。しかし、心を開き、デザインを再考する労を惜しまなければ、ユーザーの視点をはるかに理解しやすくなると思います。

 

ビジュアルコミュニケーション

デザイナーにとって最も貴重なスキルは、おそらくビジュアルコミュニケーション(視覚コミュニケーション)です。

ほとんどのデザイナーは、頭の中で思いついたアイデアを、プロジェクトマネージャー、エンジニア、他のデザイナーたちに説明するべき場面に直面します。

そのため、スケッチの描写によってアイデアを視覚的に伝えることができるとしたら、それは素晴らしいスキルになります。あるいは、ワイヤーフレーム、モックアップ、インタラクティブデザインのプロトタイプなどを作成して、デジタルな媒体でアイデアを伝えることもできます。

1 2 3次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。