体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2つの文化の交差点!ストラスブールの基本情報とおすすめ観光名所まとめ

2つの文化の交差点!ストラスブールの基本情報とおすすめ観光名所まとめ
Photo credit:tabitabi parsley「フランスから招待状 ~かわいらしい木組みの建物や街並みとアルザスの郷土料理~」

Photo credit:tabitabi parsley「フランスから招待状 ~かわいらしい木組みの建物や街並みとアルザスの郷土料理~」

こんにちは。Compathy MagazineのMAKIです。
ストラスブールは、フランス北東部に位置する都市。現在はフランスに属していますが、長い歴史の中でドイツとフランスが領土を争った、アルザス地方の中心都市として知られています。
フランスとドイツの国境付近にあるストラスブールは、両国の影響を受けた独特の文化が根付く街。今回は、そんなストラスブールの基本情報やおすすめの観光・グルメスポットについて紹介します!

ストラスブールってどんなところ?

ストラスブールの基本情報

ストラスブールは、フランス北東部のドイツとの国境近く、ライン川左岸に位置する都市です。長きに渡ってフランスとドイツが統治権を巡って争っていたアルザス地方の中心として栄えた都市としても知られています。

ストラスブールにはそのユニークな歴史ゆえ、ドイツとフランス両国の影響を受けた独自の文化が形成された街並みが広がっています。またストラスブール大聖堂、アルザスの伝統家屋が密集したプティット・フランス地区を含む旧市街(グランド・ィル)は、その歴史的価値を認められユネスコの世界遺産に登録されています。

都市名:ストラスブール(Strasbourg)
日本との時差:8時間(サマータイム期間は7時間)

 

ストラスブールの治安について

ストラスブールはフランス内で特に治安の良い地域ではありませんが、通常に観光する際は大きな犯罪に巻き込まれる可能性は低いと言われています。ただし夜の時間帯になると街が暗くなり、安心して歩くことはできない環境となります。
ストラスブール滞在中の夜の街歩きは可能な限り避け、どうしても外出する必要がある際は公共交通期間を利用したり、複数人で行動したりするなど対策を行うようにしましょう。

万が一犯罪に巻き込まれた際は、以下の基本情報を参考に、ストラスブールにある日本領事館に連絡してみてください。

在ストラスブール日本国領事館
住所:Tour Europe 20 place des halles, 67000, Strasbourg
電話番号:0388528500
窓口営業時間:9:00〜12:00、14:00〜17:00(土・日曜定休日)
公式サイト:在ストラスブール領事館

 

ストラスブールの天気・気候・気温

晴

今日

11/14

High 4°
/
Low -2°

雨の可能性

明日

11/15

High 6°
/
Low 5°

雨の可能性
1 2 3 4 5 6 7次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。