ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

《紅の豚》男性ファンが多いのはなぜ?男心がしびれる3つの心理

  • ガジェット通信を≫


2016年11月11日(金)に金曜ロードショーで放送されたスタジオジブリ作品「紅の豚」が視聴率13.2%を記録し、11月4日(金)に放送された「となりのトトロ」に続き高視聴率をマークしたことが話題となっております。

大人から子供まで幅広い人気を持つトトロとは違い、実は圧倒的に男性ファンが多いといわれる「紅の豚」その理由とはいったいどこにあるのでしょうか、

そこで今回は「《紅の豚》男性ファンが多いのはなぜ?男心がしびれる3つの心理」について、医師に解説をしていただきました。

「紅の豚」の簡単なあらすじ


紅の豚は、宮崎駿監督作品の一つで、世界恐慌の後のイタリアを舞台として空賊狩りの賞金稼ぎで生活しているパイロット、ポルコが主人公です。ポルコは自ら魔法の呪いによって豚の姿になってしまっております。

長い間敵対している空賊連合によって雇われた、アメリカ人のカーチスとライバルになって対決したり、旧友との恋愛など、さまざまな人間模様が交錯するドラマが展開されるというストーリーです。

男性がハマる心理1:ポルコの誠実さや不器用さ


二人の女性に愛されながらも、調子に乗ることなく誠実でかつ不器用であるという部分が男らしく、惹かれるかたも多いと考えられます。

男性がハマる心理2:自分の信念を貫くポルコ


難しい、激動の時代に生きながらも、自分らしい生き方、自分の信じるものを守っていくカッコよさが感じられます。

男性がハマる心理3:女性に対するやさしさ


なかなかテレもあって、女性にストレートな優しさを示すことができない男性にとっては、ポルコのやさしさは魅力に映るかもしれません。

男性心理をしびれさす「紅の豚」名言ランキング

1位:「飛行艇乗りほど素晴らしい奴らは他にいない。」

自分の仕事や、同業種の人に対する誇りがしびれます。

2位:「いいヤツはみんな死んだ。友よ。」

こちらも特に、ある程度年齢を重ねた男性には響きます。

3位:「国家とか民族とかくだらないスポンサーのもとで飛ばなきゃ、しょうがないんだよ!」

必ずしも自分の本意ではなく、大きな権力に迎合しなくてはいけないこともあるでしょう。

4位:「結婚は惚れるより、慣れだってよ!」

どのくらいこの言葉が当てはまる方がいるかはともかく、何となくイメージは沸きます。

5位:「徹夜はするな。睡眠不足はよい仕事の敵だ。」

これは男女問わず、真実だと思いますが、改めて口にされるとグッときます。

「紅の豚」ポルコが女性からモテる5つの理由

男気がある

空に対する憧れやロマンを感じているところ、そして仲間思いな部分に男気を感じます。

女性に優しい

ジーナにはもちろん、17歳のフィオにも紳士的に接する場面からポルコの女性に対する優しさが感じ取れます。

友情にあつい

過去に共に戦ったの仲間達への思いを忘れず、戦友のフィアンセであるジーナを気にかけているあたりから、ポルコの友情の厚さがわかります。

筋が通っている

悪を許さず、自らの正義を貫き通すスタンスに、作中でも女性ポルコファン(?)から黄色い声があがっておりましたね。

自分の仕事に誇りを持っている

ポルコ自身、空を飛ぶことに誇りを持っておりますし、紅の豚に登場するパイロット以外の整備士であったり、飛行機作成に携わる人々にもポルコからの尊敬の念が感じられます。

医師からのアドバイス


紅の豚、男性人気が高いスタジオジブリのアニメとして有名なものだそうです。

男性がしびれるそのわけを、今一度見直して男性心理を研究してみてはいかがでしょうか。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

なぜ毎年「となりのトトロ」にハマるのか?5つの心理ポイントを解説
【ナカイの窓】ハライチ岩井BLを熱弁 オタクな人々の心理に迫る!
「もののけ姫」でも取り上げられていた…「ハンセン病」の真実。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP