ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】乃木坂46『サヨナラの意味』が847,735枚売り上げ、シングル・セールス1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 乃木坂46の16枚目のシングル、『サヨナラの意味』が、初動3日間で773,404枚、その後もセールスを約7万枚積み上げ、847,735枚で、シングル・セールス・チャート1位を獲得した。センターを務める橋本奈々未の卒業告知以来、SNSで注目を集めており、発売週でのダントツ1位はSNSでの話題性を裏付ける形といえる。

 2位の三代目J Soul Brothers『Welcome to TOKYO』も通常週ならば1位のセールス結果で、203,437枚で落着した。初動3日では146,866枚、その後も5.6万枚を積み上げている。また、すでに累計300万枚を超えるロング・セールスを記録中のSMAP『世界に一つだけの花』は、今週もセールスを伸ばし、28,297枚セールスで5位にチャート・インしている。

◎Billboard JAPAN Top Singles Sales
(2016年11月7日~11月13日の全国推定売上枚数)

1位:『サヨナラの意味』乃木坂46 847,735枚
2位:『Welcome to TOKYO』三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE 203,437枚
3位:『想いよひとつになれ/MIRAI TICKET』Aqours 36,178枚
4位:『THE IDOLM@STER THE@TER ACTIVITIES 03』平山笑美、大関英里、近藤唯、阿部里果、木戸衣吹 34,065枚
5位:『世界に一つだけの花』 SMAP 28,297枚

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】乃木坂46 16枚目SGが断トツ1位!2位は“TOKYO”が舞台の三代目JSBの楽曲
乃木坂46 新SG『サヨナラの意味』特典ドキュメンタリー映像の予告編公開
三代目JSB 新曲「Welcome to TOKYO」含むMV集&ライブ映像など3夜連続放送

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP