ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生理前の食欲は女性ホルモンの影響大!増加する人と減退する人の違いとは?

  • ガジェット通信を≫


生理前の食欲に関しては、女性ホルモンの影響を多大に受けています。

生理前に食欲が異常に増してしまう人も多いです。その一方で食欲が減退してしまう人もいます。

生理前の食欲に関して女性の身体を見ていきましょう。

要チェック項目

□生理前に過剰に食欲が増す原因は黄体ホルモンにあります。

□生理前に食欲が減退する時の原因も女性ホルモンが関係しています。

□生理周期で毎月訪れる、自分の体調不良を把握しておくことはとても大切

生理前に過剰に食欲が増す人の原因

黄体ホルモンが鍵となる

女性の身体は月経周期を通してホルモンバランスが変化していきます。とくに生理に備える黄体期には黄体ホルモンの分泌が活発になります。

食欲を増す原因

黄体ホルモンは妊娠に備えるための女性ホルモンですが、生理前にこのホルモンが分泌が活発になると女性の身体は栄養を一生懸命蓄えようとします。これが生理前に食欲が過剰に増す大きな原因です。

無理なダイエットは絶対にダメ

逆に、エネルギーが不足の状態だと生理不順や無月経などといった婦人科系疾患に繋がってしまいます。正常な生理があってはじめて痩せやすい身体づくりが可能になるために、無理なダイエットはやめましょう。

生理前に過剰に食欲が増す時の対応策

中々抑えられない食欲

そうは言っても、過剰に増す食欲に対してどうすれば良いのでしょうか?

食べたい時に食べたいだけ食べるのは悪いことではありませんが、過剰に食欲が増している時にはなかなか止まらないという、抑えることが非常に困難なことがあります。

たくさん噛んで食べよう!

そんな時は、極力咀嚼回数を意識して増やすことです。意識して良く噛むことは、食べる量が同じであっても満腹感が増しますから案外食べる量を減らす事が可能です。

また、食材の内容を噛む回数が増えるような玄米や全粒粉パン、いもや根菜などの食物繊維が豊富なものを選ぶのも効果的です。どんなに食べても胃腸にやさしい食材を選ぶのも対応策です。

食事は一人でとらないように心掛ける

生理前は神経が過敏に、イライラすることが多いですがなるべくリラックスして食事は複数人と摂るようにして食事時の会話を楽しむようゆったりと食事時間をとることが、過剰な食欲対応策になります。

ストレス解消や気分転換

また、生理前は身体が敏感にまたホルモンバランスの影響でストレス状態にあることが多いです。よって、軽い適度な運動を心がけ気分転換、リラックス効果、ストレッチ効果を期待しましょう。

筋肉を軽く伸ばすことは、全身に酸素が行きわたりストレスや精神的負荷に好影響があります。

生理前の食欲が減退する原因とは?

一方で、生理前に食欲が減退する理由も女性ホルモンバランスの乱れ、崩れが影響しています。生理前は、PMS(月経前症候群)といって不快症状に悩まされる女性が非常に多いです。

このPMS(月経前症候群)とホルモンバランスが崩れること、生理前に食欲が減退することは強い関係があるとされています。

生理前は、プロゲステロンの分泌が非常に活発ですから、これが自律神経の働きまでも乱してしまいます。

自律神経の働きが崩れると、血液循環が滞って骨盤周辺の神経圧迫によってお腹が張りやすい状態になります。これらが原因で下痢や便秘、体調不良などの悪影響を及ぼし食欲不振になってしまいます。

この体調不良がPMS(月経前症候群)の症状の一つです。

生理前に食欲が減退する時の対処法をご紹介

生理前の食欲不振の対策としては、女性ホルモンバランスの乱れにあまり抵抗しないことが大事です。

女性ホルモンを乱さないためには

身体に負担をかけるような残業や過労、無理なダイエット、睡眠不足などの生活習慣の乱れはさらに女性ホルモンを乱してしまいます。

生理前は、自分の身体を大切にし負荷をかけないように労わることとゆったりと過ごすことが出来るように心がけましょう。

食事に関してできること

食事は、食べやすいもの、口にしやすいものを食べるようにすること、冷たいものを口にしないよう、食欲がないながらも栄養バランスを十分に気を付けて、少量でもバランス良く栄養を取れるように努力が必要です。

総じて、リラックスすることが自律神経、ホルモンバランスにとても有効なのでゆったりと過ごすようにしましょう。

生理前の女性の身体のしくみと生理前症候群

生理前の多くの女性が悩まされているPMS(月経前症候群)は、生理前にさまざまな体調不良を訴えます。

PMSの自覚症状

抑えられないイライラや精神不安、怒りっぽくなる、憂鬱になる、肌荒れ、のぼせる、抑えられない食欲、または食欲不振、腹痛、腰痛、頭痛といった苦痛が自覚症状として現れます。

身体の苦痛だけではなく、心の不調が多いのも特徴です。

自分でコントロールすることができると良い

生理周期で毎月訪れる、自分の体調不良を把握しておくことはとても大切です。身体と心の安定を保つためにも、また自分でコントロール出来るためにも大切ですね。

女性ホルモンの働き

女性の月経周期で、生理前14日頃に排卵があります。この排卵を機にふたつの女性ホルモンが変動します。排卵後の黄体期に分泌される女性ホルモンが身体にさまざまな影響を与えます。

このホルモンの働きによって、脳内セロトニンが低下すると気分が下がり、憂鬱になったり、水分排泄が滞るとむくみの症状になったり、血糖値を上げるために過剰な食欲に繋がります。

このように、生理前のホルモン変動によって多くの女性が多種多様な不快症状に悩まされるPMS(月経前症候群)になってしまいます。

生理前後を上手に乗り切り、ホルモンに振り回されない

生理前の食欲をはじめとし、月経前症候群を乗り切る方法は症状軽減とセルフケアが重要です。

ご自分のライフスタイルを見直して、自分の身体に負荷をかけてる部分をあらため不快症状の軽減に努めます。

ご自身の生理周期と陥り易いPMSの症状をよく把握してセルフケアを出来るようにしておきましょう。

極力、リラックスして苦痛を和らげるよう食事、運動、睡眠の質をあげることが大切です。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

ホルモンバランスの乱れは女性の不調の元 バランスを整える解消方法
毎月やってくる生理トラブル 効果的なツボ3つ!
EXILEを見ると生理がくる!? 女性ホルモンとイケメンの関係性

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP