ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地元ブランド牛を使用した「広島の峠下牛の陶箱飯」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月12日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、午後12時00分~)では、広島県・宮島のご当地グルメ&穴場スポットを満喫する旅の特集で、石塚英彦さんが「まめたぬき」(広島県廿日市市)を訪れた。

同店は、穴子と牡蠣の割烹料理が楽しめる居酒屋以上割烹未満のお店だ。

番組では、タヌキのパネルに惹かれた石塚さんがそのまま店頭のメニューを見て入店。地元食材を使った料理が楽しめる食事処と紹介された。

頂くのは、地元ブランド牛と広島県栽培の新米を使用したローストビーフ重の「広島の峠下牛の陶箱飯」(2100円/税込)、このメニューには宮島産アサリのみそ汁もついているという。石塚さんは、届いた「広島の峠下牛の陶箱飯」を見て「宝石箱や~」「またこの器が素敵だな~」と驚いた様子。食べると「うん、あぁ~、確実にまいう~です」「旨味が出てきますね、このタレが絶妙ですね」とコメント、続いてみそ汁を飲んで「凄いエキスが出てますね、アサリの!」とコメントし、味にも見た目にも十分に満足した様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:まめたぬき(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:宮島のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:宮島×和食のお店一覧
丹波篠山の味を堪能「ご当地丼」
変わった名前のメニューもある洋食店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP