ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秦 基博「終わりのない空」×松山ケンイチ主演映画『聖の青春』コラボMVが完成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秦 基博のミニアルバム「秦 基博と映画主題歌」にも収録されている最新曲「終わりのない空」のミュージックビデオ(『聖の青春』ver.)が完成した。

映画『聖の青春』は、100年に1人と言われる天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった実在の棋士・村山聖[さとし]が、病と闘いながら将棋に全人生を懸け、全力で駆け抜けた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く、奇跡の実話を元にした感動作。村山聖を演じた松山ケンイチが、精神面そして、肉体面の両方から、役作りに挑んだ事でも話題となっており、主題歌「終わりのない空」を秦が書き下ろしている。

秦は「終わりのない空」について、「将棋を通した魂のぶつかり合い、聖の、病気という困難に直面しながらも、名人という夢に突き進んでゆくその姿に感動をおぼえました。サビには聖のその瞬間、瞬間にいのちを燃やし、全身全霊ぶつかっていくさま、そして、彼が手記に遺した“人間は悲しみ、苦しむために生まれた。それが人間の宿命であり、幸せだ。”という言葉から汲み取った想いを込めています。」と語っている。

今回の「終わりのない空」ミュージックビデオ(『聖の青春』ver.)は、すでに公開されている映画の特報・予告編とは異なる内容で、完全オリジナルで制作された。ライバル関係にある村山聖(松山ケンイチ)と羽生善生(東出昌大)の息を呑むような対局シーンを中心に構成された映像と、「終わりのない空」の疾走感が見事にマッチし、11月19日の映画全国公開を直前にして期待感が高まる内容となっている。

現在全国6都市7公演、合計7万人を動員する10周年記念アリーナツアー「HATA MOTOHIRO 10th Anniversary ARENA TOUR “All The Pieces”」を開催中の秦 基博。来年5月には初の横浜スタジアムライブも決定している。

新海誠監督コメント
映画制作はロジックである。物語も映像も、観客の心を動かすために僕たちは徹底して理屈立てて構築していく。でも、ロジックなんかを飛び越える瞬間も映画には必要で、観客はそこにこそ感動したりする。そのための巨大な力が、秦 基博の映画主題歌だと思う。『言の葉の庭』の主題歌『Rain』は、「言葉にできず」という「言葉」から始まる。秦さんの声はいつだって、言葉にできない言葉——理屈を超えた感情たちを、彼にしかできないやり方で僕たちに運んでくれるのだ。デビュー10周年、本当におめでとうございます。

秦 基博 「終わりのない空」ミュージック・ビデオ (『聖の青春』ver.)

配信情報

配信限定ミニアルバム「秦 基博と映画主題歌」
2016年11月8日各種配信サイトにて配信
期間限定スペシャルプライス1,000円
(2017年1月9日からはレギュラープライス1,500円での販売)
iTunes:http://hyperurl.co/hatatoeiga
レコチョク:http://recochoku.com/s0/hatamotohirotoeigashudaika-disc/
mora:http://mora.jp/package/43000001/4547366284409/

関連リンク

秦 基博 オフィシャルサイトhttp://office-augusta.com/hata
秦 基博 オフィシャルtwitterhttp://twitter.com/hata_official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP