ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

市販風邪薬の副作用による死亡例は5年で8件 正しいのみ方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ風邪のシーズンがやってくる。平年より厳しい寒さが予想される今年は、喉の症状から始まる風邪が大流行する兆しがあるという。

 この時期、喉の痛みや鼻水、咳などの症状が出たら、ともあれ風邪薬をのむという人は多いだろう。しかし、薬剤師で国際感食協会理事長の宇多川久美子さんは、「そういう考えはあまりにも安易すぎます」と指摘する。

「まず知らないといけないのは、どんな薬にも副作用のリスクがあるということ。消費者庁の発表によると、2009年から2013年の5年間で報告された市販薬の副作用は1225件。うち死亡例が15件あり、8件が風邪薬によるものです。“市販の風邪薬ならきっと大丈夫だろう”という考えは間違いで、副作用は誰にでも起こりえます」

 湿疹や胃の痛みなどの副作用を引き起こした市販薬のうち、最も多いのが総合感冒薬(風邪薬)の400件で、うち死亡例が8件あった。発熱や痛みを緩和する解熱鎮痛消炎剤でも279件の副作用があり、うち死亡例が3件報告されている。

 2014年にインターネットでの一般医薬品販売が解禁され、誰でも簡単に風邪薬を買えるようになったが、副作用のリスクはあまり知られていない。

「いたずらに怖がる必要はありませんが、薬は化学合成した異物です。人数は少ないとはいえ風邪薬で命を落としたり、生活に支障が出るほどの後遺症が残る人もいるので、“のみ方”には充分注意すべきです」(宇多川さん)

 風邪っぽいと感じたら安静にすることが最善なのは承知の上だが、思うように仕事や家事を休めない現代人にとって、薬は頼みの綱でもある。だから知りたい。風邪薬のむべきか、のまないべきか――?

◆どんなときにどんな薬を選ぶべきか

 実は風邪薬は風邪を治す薬ではない。風邪の原因のほとんどはウイルス感染であり、風邪をもたらすウイルスに効く薬はいまもってないからだ。

 薬剤師で岩手医科大学薬学部非常勤講師の武政文彦さんは、「それでも風邪をひいたら早めに風邪薬をのむべきです」と主張する。

「風邪薬をのむ目的は風邪の症状を改善して体を健康な状態に近づけること。咳や頭痛、鼻水などがつらい状態ではゆっくりと眠れません。風邪薬はつらい症状を和らげて、人間が自然に治っていくことをサポートするんです」

 たとえば風邪をひいて咳をすると、体力を使うし器官を傷つける恐れがある。そんな時、薬で咳を抑えてぐっすり眠り、免疫力や体力を回復することは風邪退治に有効だ。

 しかし、そのためには、薬の正しいのみ方を知る必要がある。冒頭で宇多川さんが指摘したように、薬は時に“毒”になるからだ。

 まずは、風邪薬をのむタイミング。のむのは基本的に食後となる。1日3回の薬は服用間隔を4時間以上、1日2回なら6~8時間必ず空ける。

「決められている以上に薬をのむのは絶対にやめてほしいですが、かといって、3回といわれているから3回のまなきゃいけないなどと考えて、必ず決まった回数をのむ必要はありません。どうしても症状を止めたいとき、寝る前のみでも大丈夫です」(宇多川さん)

 そして、何をのむか。風邪をひいた時にのむ薬には、風邪の症状全般に効くとされる総合感冒薬と、咳や鼻水などの症状に合わせた咳止め、鼻炎用内服薬、解熱鎮痛薬などがある。武政さんは、「できるだけ症状に合わせた薬をのむべき」とアドバイスする。

「熱がなくて咳だけなら咳止め薬、熱と鼻水があれば解熱剤と鼻炎成分だけ入った風邪薬など、出ている症状に限定した薬をのむことが基本です。

 いろいろな成分を含む総合感冒薬は、病院に行けない夜間や土日の応急処置薬としては役立ちますが、熱がないのに解熱成分を体内に入れたら胃に負担がかかり、鼻水がないのに鼻炎成分が配合されていたら眠気が出るケースもある。症状改善には必要のない成分が、思わぬ“悪さ”をするんです」

 余分な成分を避けるコツは、薬のパッケージを見ることだ。

「薬のパッケージに記される『効能』の順番が目安になります。『熱、鼻水、咳』と書かれていれば、その製品は解熱効果を一押しにしている。『喉の痛み』が最初にあれば、喉の痛みに効く成分が特徴的に含まれています」(武政さん)

 副作用を招く成分についても最低限は知っておきたい。

「風邪薬に含まれる抗ヒスタミン薬は鼻水を止める作用がありますが、眠気を催したり頭がぼーっとすることがあり、車を運転する人は控えるべきです。咳を止める成分のエフェドリンは心拍数を増して血圧を上昇させるので、高血圧で降圧薬をのんでいる人は要注意です」(武政さん)

 持病のある人が気軽に薬をのむと、思いがけない症状が表れることもあるのだ。安易に自己判断で選ばず、薬剤師に相談したほうが効果も安心感も確実といえる。

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
「薬には必ず副作用」 漢方薬やサプリメントも例外ではない
風邪が治っても咳だけ続く人 アトピー咳の可能性あり
田中防衛相のコーヒー&風邪薬のみ合わせは医学的にOKか検証

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP