体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最高賞金1000万円!LINE・砂金信一郎氏に聞いた「LINE BOT AWARDS」の全容と狙い──

LINE・砂金信一郎氏がプロデュースするビッグイベント

これまでサービスを提供する企業がユーザーと密接な関係を結ぶためには、スマホアプリを提供してユーザーに使ってもらうというのが一つの方法だった。

しかし、アプリ開発には手間がかかるだけでなく、一度はダウンロードしてみたユーザーも、毎日それを使うとかなると疑問だ。ユーザーが月に10回以上使うアプリはわずか9個にすぎないという調査データもある。

スマホ画面には死蔵されるアプリばかり。早々と“アプリダウンロード時代の終焉”を言明する研究者もいる。

それに代わって注目されているプラットフォームが、テキストメッセージ主体の会話型Botとメッセンジャーアプリの組み合わせだ。

メッセンジャーといえば、日本で圧倒的に使われているのがLINE。現在はもっぱら仲間内での情報交換に使われているが、そのプラットフォームでさまざまなサービスを提供する企業とユーザーが結びついたらどうだろう。

大切な人のお祝いに花を買うのも、レストランを予約するのも、新車を物色するのも、LINE上で店舗の「人」または「AI」と対話しながら決めることができる。

すべてLINE上で完結できれば、他のアプリ、場合によってはWeb検索という動作さえ要らなくなるかもしれない。

メッセンジャーがプラットフォームになる──おそらくLINEやFacebookが考えている未来はそれだ。両社が今年になって、自社のメッセンジャーアプリのオープンプラットフォーム化を発表したのもそうした時代の到来を見据えてのことだろう。

そこで大注目なのが、11月下旬に応募受付が始まる「LINE BOT AWARDS」。

LINE株式会社 ビジネスプラットフォーム事業室 戦略企画担当ディレクター 砂金信一郎氏

「Botが生活の中に浸透し、あたりまえのものとして定着する世界を実現したい。気軽にBotを開発できる開発者を増やしたり、良質なBotが生み出されるエコシステムを醸成することを目的としています」

とアワードの狙いを語るのは、つい最近までMicrosoftのエバンジェリストとして各方面で活躍していた砂金信一郎氏だ。

この10月からはLINEのビジネスプラットフォーム事業室戦略企画担当ディレクターとして、手がけているのがこのアワードのプロデュースなのである。

「すでに一部の感度の高い開発者や企業がBotを活用したさまざまなビジネスモデルをLINE上で展開しています。Botではユーザーの行動や関心に応じて的確な情報をプッシュできるだけでなく、LINEプラットフォームで動かす限り、デザインやUIに凝る必要もない。つまりバックエンドのエンジニアだけで開発できるという利点もあって、今後急速に伸びていくことはたしかです」

テキストメッセージでの対話をUXの軸にしたBOTサービスの例Navitime)。

今回の「LINE BOT AWARDS」には、個人・企業のBot活用意欲を刺激し、新しいコミュニケーション・ビジネスのすそ野を広げることが期待されている。

ハッカソン開催で、Bot開発エンジニアをサポート

すでにLINEは、2016年4月からLINEプラットフォーム上でBotアカウントを自由に開発できる「BOT API Trial Account」の無償提供を始めていた。

LINEが提供するMessaging APIにより、LINEのトーク画面を使った対話型Botアプリケーションの開発ができるようになっている。この無償提供キャンペーンに応じて、世界中で約2万件のchatbotが作成された。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。