ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【心のサプリ】とにかく辛い……。辛い現状を打破する方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

次から次へとトラブルが起こったり、身の回りに色々なことが起きたりして解決しなくてはならないことがたくさん。または、大きなミスをしてしまった、人間関係でトラブルがあったなどで、頭がいっぱいになってしまうことってありますよね。悩みや不安がグルグルと巡って、脳も心もショートしそう! こんな状況を打破するにはどうすればいいのでしょう? いくつか対処法を紹介します。

自然の力は絶大! ひらめきをもらおう

仕事のこと、友達のこと、大好きな人のこと、家族のこと……。頭がいっぱいになるほどの悩みや不安は、あなたにとって大きくて重いものなのでしょうね。でもそれは、あなたが今考えることで現実的に変えられることでしょうか? 人や過去は変えられないといいます。変えられないものを変えようと頑張っても、同じ思考が繰り返されるだけ。悩みを消化することも、解決することも難しいでしょう。過去のことも未来のことも他人のことも置いておいて、まずは「今の自分」を一番に考えることが大切なんです。実はこれが「自分と向き合う」ということ。一人きりで海や川を眺めたり、山登りなど自然の力、その大きさを感じることで、グルグルしていた考えがちっぽけだったと思えるかもしれません。客観的に考えることで、今まで思いもしなかった解決法がひらめくかも。

話すこと、聞いてもらうことは癒しにもなる

人には思考のクセがあって、脳は基本的にネガティブな考えに偏りがちなものなのです。本人は解決しようと悩んでいるつもりでも、実は脳内では答えが出ていて、その答えが不安だから実行できずに「どうしよう」と悩んでいるなんてこともあります。どうにもできないとわかっていても諦められなくて悩んでいることも。こんな時は信頼できる人に聞いてもらいましょう。ネガティブな考えは聞いている人もつらいもの。「ネガティブなことを言うかもしれないけど、とにかく聞いてほしい」と伝えて、とことん聞いてもらいましょう。「そうなんだ。つらかったね」という一言で、塊が解けるかもしれません。

思い切り泣いたり、大声で歌ってスッキリ

すでに結果が出ていることで、納得できなかったり自分の言動に反省して思考がグルグルしているときは、映画や本で思い切り泣いたり、大声で歌って脳をネガティブな考えから切断します。涙活なんて言葉があるように、泣くことは癒しにもなるんですよ。泣いたり歌ったりしたあとは「まっ、いいか」って思えるはず。

頭や心がいっぱいいっぱいの状態というのは、両手に大量の荷物を抱えていて、自分が何を持っているのかもわかっていない状態と同じです。それ以上持とうとせず、荷物が何なのか一度置いてみることも必要ですよ。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP