ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

飲まないならすぐに売る!京都でおすすめのお酒買取店7選

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
null

お父さんがストックしていたブランデーやワイン、お中元やお歳暮で頂いたビールや日本酒。お酒を飲まない人や飲めなくなった人にとってはどう処分するのか頭痛の種だった「お酒」は、今や買い取ってもらえる時代になりました。売れたお金は、お小遣いや家計の足しになるのですから使わない手はありません。今回は京都でお酒を買取してくれる買取店にスポットを当て、お酒の買取のコツやお店の選び方などを紹介します。

京都でお酒を買取してもらうならどこがおすすめ?

null

実は京都はお酒買取店が多い

京都で「お酒」といえば、「伏見の酒造り」が有名ですね。有名な月桂冠を始め黄桜酒造など伏見には醸造メーカーが15か所~あります。中でも京都を代表するといわれている「英勲(えいくん)」の蔵元は100年以上酒造りを行っている老舗で、やはり伏見にあります。京都でお酒といえば「日本酒」のイメージがあるのは、こういった背景があるのでしょう。また、京都にはお酒買取店が多いのも事実。京都でお酒を買取してもらうなら、買取店が多いので比較検討がしやすく、売り手にとってはうれしいメリットですね。

お酒買取おすすめ店7選

null

MARUKA(マルカ)

null出典:マルカ

特徴
・京都には京都北山店と大宮店ほか京都エリアに専門店も含めて7店ある
・お酒の買取の幅が広く、出張買取にも対応している

「MARUKA(マルカ)」は京都北山店と大宮店ほか、京都エリアに専門店も含めて7店舗あります。お酒の買取の幅が広く、買取が難しいといわれている日本酒も買取可能(ただし事前査定など問い合わせが必要)。お酒の買取だけでなく、ブランド品や時計、宝石などの買取を行っています。店舗は京都のほかにも東京、福岡にもあり。ライン査定が気軽にできると好評です。

トーカイ

null出典:トーカイ

特徴

・京都府下に16店舗ある
・お酒の買取のほか買取商品が幅広い

「トーカイ」は20年前にチケットショップとしてスタートし、現在は京都府下に16店舗を展開しています。お酒の買取のほか、チケットや金券、ジュエリー、ブランド品、工具など買取品目が幅広いのも特徴。店舗が近くにある人は、直接店舗で買取してもらえるので気軽に利用できますね。買取査定フォームも充実しています。

おたからや京都四条通り店

null出典:おたからや

特徴

・お酒は1本から買取してくれる

・電話一本で出張買取に対応

「おたからや京都四条通り店」はブランデーやウイスキー、ワイン、シャンパンや焼酎などの買取に対応しています。数十年前の古酒の買取も行っているので、もう捨てようと考えている古いお酒も一度問い合わせてみては。おたからやは、お酒以外の買取を行っているので、お酒を売るついでに家庭での不用品の買取も検討してみては。電話一本で出張買取にも対応してくれますよ。

レッドバッカス

null出典:レッドバッカス

特徴

・お酒の買取はネットに特化しているので高価買取が期待できる
・空き瓶も買取可能

「レッドバッカス」はお酒買取のパイオニア。ネットでの買取に特化しているので高価買取が期待できそうです。買取が難しいといわれている空き瓶やミニチュアボトルの買取も可能。希少品の日本酒は買取対象ですが、日本酒の買取は事前に問い合わせをしたほうが無難でしょう。

ファイブニーズ

null出典:ファイブニーズ

特徴

・お酒の買取専門店
・お酒の買取の幅が広い

「ファイブニーズ」は、お酒の買取に特化している専門店。京都には店舗がありませんが、買取は全国対応です。お酒の買取の幅が広いので、他店で断られたお酒があれば、問い合わせをしてみては。

リカーオフ

null出典:リカーオフ

・ブックオフグループ
・ビールの買取もOK

「リカーオフ」は、ブックオフグループです。お酒の買取でビールが買取不可の店舗が多い中、リカーオフはビールの買取に対応しています。京都には残念ながらリカーオフの店舗はないですが、宅配買取で対応できますよ。

門運孔(モンク)

null出典:モンク

特徴
・左京区花園町にある骨董品買取専門店
・古酒の買取に対応

「門運孔(モンク)」は、左京区花園町にある古美術品や古道具など骨董品の買取専門店。全国へ出張買取に対応しています。骨董品買取専門店ですが、古酒の買取に対応しているので、骨董品を売るならついでに査定してもらってみては?

お店の選び方

null

上手に使い分ける

お酒を売ろうと思い立った時、重くてかさばるから宅配や出張買取ができるところが良いと思いませんか。それはまさにその通りで、正しい選択です。近くに店舗があるからと無理をして持ち運んだ結果、転んで割ってしまった、なんてことになったら目も当てられません。ただ、一本から買取してくれる店舗ならお買い物がてら売りに行っても良いですね。押入れや物置の奥から古いお酒が出てきた、なんてことになったら、骨董品買取店に持って行くのも楽しそう。

高価買取のコツやポイント

null

お酒の瓶をキレイに拭く

床下収納や押入れの中で保管されていたお酒。案外ほこりなどで汚れていることがあります。汚れたまま買取に出しては、保管状態が良くなかったのかも、と誤解されてしまうかもしれません。取れない汚れまで無理に取る必要はありませんが、できるだけキレイにしてから査定に出しましょう。

箱があれば箱に入れて出す

希少品のお酒は箱に入っていることが多いでしょう。またブランデーなどにはクリスタルの替栓がついていたりします。このように付属品があれば必ず一緒に出しましょう。査定価格が違ってきますから。

早めに売る

ブランデーやワインは古ければ古いほど相場が上がる場合もあります。が、実は新品に近い状態のお酒の方が相場は高い傾向があります。賞味期限が設けられていないブランデーなら保存状態がモノをいいますが、賞味期限が過ぎてしまったお酒は値段がつかないと考えた方がいいでしょう。お酒は飲まないなら早く売る。これが高価買取のポイントでしょう。

まとめ

null

人気のあるお酒は当然、高く買取してもらえます。最近では焼酎の「魔王」や「森伊蔵」がありますね。日本酒は保存方法がデリケートなお酒です。常温ではなく、冷蔵保存したほうが良いといわれています。品質管理が難しいので買取をしてくれる店舗が案外少ないのかもしれません。また、ビールは賞味期限が短めです。飲まないならすぐに売って換金したほうが得策です。飲まないなら、すぐに売る。これが鉄則ですよ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。