ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日清シスコ『ココナッツサブレ』が51年目の大リニューアル! ついに小分けになったけど減量!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

発売から51年。根強い人気で定番中の定番である日清シスコ『ココナッツサブレ』が、小分けパックとなってリニューアル。果たして、このベストセラーがどんなリニューアルを遂げたのか! 旧パッケージと比較して、検証してみる。

旧パッケージから2枚減ってしまったロングセラー

 

サクサクした歯ごたえで、おやつとして定番の人気商品である日清シスコ『ココナッツサブレ』(5枚×4袋・希望小売価格 税抜150円・2016年10月17日発売)。1965年の発売から51年というロングセラーのスナック菓子だ。

 

そんな“ド定番おやつ”のココナッツサブレがリニューアルしたということで、ネットではちょっとした話題となった。小分けパックを採用したことがその要因なのだが、これについては賛否両論ある。賛成側の意見は「小分けになって、食べたい量だけを好きなときに食べられる」というものである。これに対して、否定側の意見は下の写真を見れば一目瞭然だ。

旧パッケージと比較してみた。

 

パッケージの比較だけだとリニューアルして大きくなったように見えるが、これは小分けパックになって単純に嵩が増えただけ。1枚ごとの比較は、目に見えるだけの差異は見出だせなかった。

 

肝心なのは、その枚数。さあ、数えてみよう。そう。2枚減っているのだ。これがネットで否定的な意見の代表的なもの。ただ、これに関しては、原材料費の高騰や消費税率のアップなど、酌量の余地はある。批判の矛先をメーカーに向けるのは間違っている。矛先は経済政策を怠っている国に向けるべきだろう。

中身を確認してみると1袋に5枚と小分けされている。このぐらいの分量が、1回に食べる分としては適量なのかもしれない。

 

そして、残りはパックされてあるので保管もスペースを取らないし、湿気にくくなったというメリットが大きい。さて、味もリニューアルされたのだろうか。

うん。ココナッツサブレだ。

 

味はまったく変わっていない。ロングセラーで人気商品の味を変えるのは愚策。いつもの味で安心する層は大多数だし、記者もそのひとり。好きな味が継続して売られているのはウレシイものだ。

 

まとめ:減量は残念だが、それが大きなマイナス要素にはならない

ファンの多い『ココナッツサブレ』のリニューアルには、プラス面とマイナス面があるが、マイナス面がそれほど大きなマイナスにはならなかった印象。むしろ、食べやすくて保存も楽になったメリットを歓迎すべきだろう。ちなみに、今回のリニューアルに関連して、昨年発売50周年を記念して結成された私立恵比寿中学(エビ中)扮する商品公式アーティスト「五五七二三二〇」も2名×4組のユニットに“解体”してプロモーションを展開している。

まあ、正直このプロモーションがどの程度の効果があるのか分からない。エビ中のファンや昨年のユニット「五五七二三二〇」の活動に興味がある人なら、プロモーションサイトをチェックしてみるのもいいかもしれない。


日清シスコ ココナッツサブレ 20枚×12袋

 

関連記事リンク(外部サイト)

『カルビー フルグラ(カップタイプ)』大ブームのフルグラがじゃがりこ型カップにミルクを注ぐお手軽系に変身
『DHAのチカラ フィッシュソーセージ』初の”情報の記憶をサポート”する機能性表示食品
グリコ『ALMOND PEAK(アーモンドピーク)』夏季限定キャンペーンは初音ミクと鳴らせるコラボ!
『暴君ハバネロ・ウマ辛3兄弟』なら辛さレベルを3段階で楽しめる! 見た目もカラフルで楽しめるポテトスナック
『つながリング・スイートコーン味/メキシカンタコス味』10連リングの新形状でコーンスナック新世紀を担うか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP