ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YouTube、Daydream向けにVR版アプリをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

YouTubeは、Googleの新しいVRプラットフォームであるDaydreamに合わせて新しいアプリケーションを発表しました。

このアプリケーションでは、Daydreamに対応したヘッドセットを装着して、YouTubeの360度動画やVR動画を視聴、体験することが可能です。さらに、通常の平面動画もVR空間内の大きなスクリーンで観ることができる「シアターモード」も搭載しています。プレイリストや履歴などYouTube標準の機能も利用可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=ROzDHcayl-k

従来のモバイルVRプラットフォームであるCardboardやGear VRでは、頭を動かして動画を選択する必要がありましたが、Daydreamでは紹介映像のように、モーションコントローラーによって操作できるようになりました。他にも、音声入力への切り替えが簡単にできるなど、VR向けに最適化されたインターフェースになっています。

日本では、Daydream対応スマートフォンPixelおよびヘッドセットDaydream Viewの発売は未定となっています。

(ダウンロード)
YouTube VR (Google Play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.youtube.vr

(参考)
New YouTube VR App is Completely Re-designed for Daydream (英語)
http://www.roadtovr.com/new-youtube-vr-app-is-completely-designed-for-android-daydream-vr/

※Mogura VRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP