ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初音ミクが幻想的に宙を舞う、冨田勲×初音ミク「ドクター・コッペリウス」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年5月に逝去した日本を誇る作曲家であり、世界的シンセサイザー・アーティスト冨田勲の追悼公演『冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク「ドクター・コッペリウス」』が、11月11日東京・Bunkamuraオーチャードホールにて開催された。

第1部前半は2012年に初音ミクをソリストに起用したことで大きな話題となった、冨田の代表作「イーハトーヴ交響曲」。東京フィルハーモニー交響楽団の演奏に合わせて、伸びやかで透き通る初音ミクの歌声と合唱団のハーモニーが会場内に響き渡り、観るものを魅了した。

1部の後半はDub Mixの巨匠、エイドリアン・シャーウッドがこの追悼特別公演のために来日。「立って観ていただいて大丈夫です!」という場内アナウンスが流れ、会場内は笑いに包まれた。冨田勲が1977年に発表し世界的ヒットとなったシンセサイザー作品の代表作「惑星 Planets」のLive Dub Mixを火星〜水星〜木製と披露し、場内では立って曲に合わせて体を揺らし楽しむ観客も多く、目で耳で全身で、その音を楽しんだ。

第2部は、冨田が亡くなる1時間前まで創作に取り組んでいた、まさに遺言とも言える作品「ドクター・コッペリウス」。宇宙へ飛び立つことを夢想する主人公コッペリウスと、それを叶えるべく異界からやってきた初音ミクが織りなすストーリーとなっており、小惑星イトカワ、そしてその先の未知なる星へ宇宙を自在に行き来しながら展開されるという、時空を超えた壮大なスペースバレエシンフォニーだ。

バレエ衣装を着た初音ミクとコッペリウスがバレエを踊るシーンでは、現実なのか虚構なのか、観ていて錯覚してしまうほど、人々を幻想的な世界へと連れて行く。コッペリウスと初音ミクのリフトシーンでは大きな拍手に包まれた。

ラストには晩年の冨田の姿も映し出され、長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた場内は、大きな歓声と鳴り止まない拍手で初日を閉演した。ドクター・コッペリウスについては2017年4月、すみだトリフォニーホールにて再演が決定している。

©Crypton Future Media,INC.www.piapro.net
photo by 高田真希子

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。