体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

千葉県いすみ市の山奥「ポッポの丘」に、極上「たまごかけご飯」が食べられる食堂車を発見!

f:id:Meshi2_Writer:20160712174841j:plain

朝食の定番といえば「たまごかけご飯」ですね。時間がない朝、かきこめる手軽さにお世話になった人も多いことでしょう。

近年は専用の醤油が登場したり、コンビニでは「たまごかけご飯」味のおにぎりが出たりと、一工夫するのが流行りのようです。

そんなトレンドの「たまごかけご飯」、面白いところがないか探してみると、養鶏場が経営するたまごかけご飯のお店「カフェT.K.G」が千葉県のいすみ市にあると聞き、「え? カフェでたまごかけご飯!?」 という皆さんの疑問を解決しに行ってきました。

山中に丸の内線!? 珍景「ポッポの丘」

f:id:Meshi2_Writer:20160712174250j:plain

千葉県いすみ市といえば、経営不振から一気に回復した鉄道会社、いすみ鉄道で有名なところです。

そんないすみ市の田んぼ道を進んでいると不意に出てくるこの看板。目的の「カフェT.K.G」は近いようです。

ただその下の2つの看板「プラレール売り場」「ポッポの丘」。プラレールとの組み合わせでのポッポですから、「汽車ポッポ」ということなのでしょう。少し心がざわついてきました。

f:id:Meshi2_Writer:20160712174318j:plain

到着です。一目見て誰もが思ったことでしょう。ここは操車場か!? すごい数の電車が止まっています。

確認しておくと、ここは養鶏場が運営している「ポッポの丘」というところです。近くには線路はおろか、駅もありません。この丘まで力技で運んできているのです。

f:id:Meshi2_Writer:20160712174500j:plain

敷地内を歩いてみましょう。

こちらの赤い車両、乗れるようになっていますね、ちょっと入ってみます。

f:id:Meshi2_Writer:20160712174518j:plain

電車電車電車電車……ここは電車の写真を展示している電車ですね。

あとは卓上にプラレール、子供向けの遊具が設置してあります。

f:id:Meshi2_Writer:20160712174555j:plain

不意に扉の上部に目をやると、見慣れた駅が並んでいます。そう、ビジネスマン御用達、丸の内線です。

私はこの車両を外から見ても丸の内線で使われていた車両と判断できませんでしたが、実際に使っていた方が見たらたまらない気持ちになることでしょう。

このように敷地内にある電車は中で展示、物販をおこなっています。

「カフェT.K.G」、店内はまんま食堂車!?

f:id:Meshi2_Writer:20160712174650j:plain

「ポッポの丘」の一角に建っているこの小さな建物が目的の「カフェT.K.G」です。

カフェというと屋内外に椅子やテーブルが並び、のんびり過ごしているような光景をイメージしますが、それらしいスペースは見当たりません。

f:id:Meshi2_Writer:20160712174728j:plain

「カフェT.K.G」、名前から推察するに主役が「たまごかけご飯」というのは間違いありません。サイドメニューにはそれを彩るおかずがあると思いきや、メニューを見るとどれもガッツリとしています。

そしてなにより、カルビ丼、牛丼と、たまごを産まない動物の肉を食べることもできるのです。

f:id:Meshi2_Writer:20160712174801j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。