ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5ヶ月での死産、そして祖母の死…悲しみを越え、いくつもの奇跡とともに産まれた娘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

f:id:akasuguedi:20160830220716p:plain

2011年に結婚。結婚すればすぐに子供が出来ると思っていました。

しかし実際に初めて妊娠したのは2013年、そしてすぐに流産してしまいました。

家にいれば自分を責め、泣く毎日…。

仕事をして気を紛らせました。

それから半年程して、再び妊娠。

今度は順調、そして2週間ほど早くはありましたが元気な男の子を出産しました。

2452g、小さめではありながら元気に育った息子が1歳になってすぐ、再び妊娠。

主人が1人っ子なのもあり、弟か妹を出来れば作ってあげたいと思っていたので嬉しかったです

38という高齢妊娠。それでも順調でした。

しかし突然、5ヵ月の妊婦検診だった昨年夏、心拍が止まっていると告知されました。

何の前触れもなく、出血や腹痛もありませんでした

その日は泣いて、でも母に息子がいることを言われ、しっかりしなきゃと思ったら意外に冷静になりました

それから2日後入院して陣痛を起こして出産した男の子はとても小さかったです。

主人と息子と一緒に、ちゃんと対面してお別れしました。 関連記事:40歳で初めて妊娠するも7ヶ月で死産に。全てを乗り越えてやってきた新しい命

それから1週間後に祖母も亡くしました。

悲しみが重なり、たくさん泣きました。

主人と「あと1回だけ、もしまた途中で何かあったとしてもそれが最後」ということで妊娠計画を立てました。

すると私も主人も「まさかこんなに早く?」というくらいのタイミングで、違和感を感じた私が検査薬で確認したらくっきりと陽性反応が出て、妊娠がわかりました。

意識していませんでしたが、その日は実は10月生まれだった祖母の誕生日だったのです。

偶然とはいえ不思議な体験でした。生まれ変わり?と思いました。

途中までは順調、しかし7ヵ月に入り検査で引っかかり、大学病院へ転院。

それからは不安しかなく、息子は赤ちゃん返りがひどくなり始めました。

臨月に入り37週の検診で、週末ということで管理入院に。

週明けに促進剤か帝王切開で出す方向で話が進んでいたのですが、入院した日に内診したのが刺激となり、まさかの翌日に陣痛が来てしまいました。

それから10時間後、無事に娘を出産しました。

体重を聞いた時、まさかの奇跡に驚きました。

息子と全く同じ体重2452gだったのです。

その時、これは仲良し兄妹になるなぁと思いました。

そして息子も娘も土曜の夜に陣痛が始まり日曜に出産、それもどちらも雨。これも奇跡的な偶然だなぁと。

20日ほど早い出産でしたが何の問題もなく元気そのもの。ホッとしました。

娘を見た父の第一声、「おばあちゃんに似てる気がする」

私にはわかりませんでしたが母も妹も「似てるかも」と言い出しました。

やはり生まれ変わりかなと思いました。 関連記事:息子の初誕生を祝う日に天国へ行った叔父。命の大切さを教える日にしたい

今、娘は2ヵ月になり、息子は赤ちゃん返りもありますが、妹がかわいくて仕方ないようで、朝起きると名前を呼びながら娘に寄り添います。

そして娘も、お風呂に入る時に息子も一緒だと全く泣きません。

ちゃんとお兄ちゃんの存在がわかってるんだなぁと思います。

いくつもの奇跡とともに生まれた娘。高齢での2人の子育ては大変ですが、幸せな嘆きかなと思います。

2人がすくすくと元気にそして仲良く育ってくれることを願う毎日です。

著者:しろちゃん嫁

ギリギリ30代で出産した2児のママです

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

誕生日を決めるのは赤ちゃん自身!? 結婚記念日に私たちのもとへやってきた娘
全く頼りにならないマイペース夫。大雪の日にひとりで出産を乗り越えて強くなった私!
ロンブー田村淳さんに、赤ちゃん誕生!"ありがち"な写真だけど、やっぱり涙が出る理由

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。