ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンコール・ワット以外の魅力も!カンボジアのアンコール遺跡群3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo Credit:Yuichi Kudo「カンボジア シェムリアップ滞在 世界遺産アンコール遺跡群満喫の旅

こんにちは。Compathy Magazineライターyuichiです。
カンボジアといえばアンコール・ワットですね。しかしカンボジアの魅力はそれだけではありません。今回はシェムリアップにあるアンコール・ワット以外の魅力的なアンコール遺跡群を紹介します。

タ・プローム

タ・プローム遺跡は有名な宮崎駿監督映画「天空の城ラピュタ」のモチーフになったとも言われています。迫力満点なガジュマルの木が遺跡を包み込んでいますね! 

木の根が遺跡を浸食していますが、これら根を燃やして撤去してしまうと遺跡自体が崩れ落ちてしまうそうです。今のタ・プロームが見れるのは「今だけ」かもしれませんね!

Yuichi Kudo「カンボジア シェムリアップ滞在 世界遺産アンコール遺跡群満喫の旅

バンテ・アイ・シュレイ

Photo Credit:tabitabi parsley「2011.11 失われた都アンコール遺跡群を巡る
ここはバンテ・アイ・シュレイという遺跡です。カンボジアのアンコール遺跡群の中でも特に保存状態が良いことで知られています。写真の奥のアバター像(現地ではアプサラ(ヒンドゥー教の天使))は東洋のモナリザとも言われ、そのミステリアスな微笑みが有名です。シェムリアップまできたら、この遺跡の見学は外せません!

tabitabi parsley「2011.11 失われた都アンコール遺跡群を巡る

バイヨン寺院

Photo Credit:Hiroyuki Suzuki「カンボジア/アンコール•ワット
ここはアンコール・トムという古代の街遺跡の中にあるバイヨン寺院です。アンコールトムとは、大きな町という意味で、周囲は12キロの城壁に囲まれています。その中心に位置するのがこのバイヨン寺院です。

特に注目すべきなのは「四面仏の微笑み」です。その微笑みはとても特徴的で、エキゾチックでミステリアスな魅力は世界中の観光客を魅了しています。

Hiroyuki Suzuki「カンボジア/アンコール•ワット

アンコール遺跡群」へ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP