ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これは目からウロコ! 羽田空港カリスマ清掃員が教える効率的な掃除の仕方とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 著者の新津春子さんは、「世界一清潔な空港ランキング」で2013年、2014年、2016年と第一位を獲得した羽田空港の清掃スタッフ500人を束ね、指導する「環境マイスター」です。

 そんなカリスマ清掃員の手による本書は、「清掃」の現場での技術や経験をもとに、家庭での「掃除」がもっとラクに、もっと手軽にできるようになる方法が、理論的に説明されています。なぜ汚れるのか、どんな汚れなのかを見極め、汚れに合った落とし方を考えていくことで、「掃除はより効率的になる」と著者は述べています。

 「汚れはとても個人的なもの。家庭によって異なるのです。あなたはどんな家族構成で、あなたの家はどんな間取りで、あなたはどんな生活を送っているのか。自分や自分の家族、家の中を観察し把握することが、家庭での掃除の第一歩です」(本書より)

 第1章の「汚れには『家族のストーリー』がある」では、”誰が、いつ、どんなふうに”したことが汚れの原因なのかについて考えます。「汚れの理由を想像することで、汚れの正体がわかるようになります」。第2章は「汚れには『見分ける力』が必要」。汚れの正体が分かったら、それが酸性かアルカリ性か、油性か水溶性かを見極めることができます。「汚れにはその汚れに適した『落とし方』、『洗剤の選び方』がある」とし、同時に汚れが付いた場所の材質についても言及しています。第3章の「落とし方には『基本』がある」は、汚れにくいように予防する方法を紹介。その上で、掃除をする時は、疲れないように立ち位置や姿勢を工夫すること、使いやすい道具を選ぶことと、場所別の具体的な掃除法を教えてくれます。第4章は「教えて!新津さん みんなの汚れ落とし」。汚れに関する疑問にQ&A方式で答えています。

 「やらなきゃいけないけど、面倒だなぁ」とか「きれいにしても、すぐ汚れるし」とつい先延ばしにしがちな掃除。プロのやり方を学んで、効率良く家中をきれいにしたいものです。

 師走は目の前。年末になってから、慌てて大掃除をするより、今から少しずつ家中をピカピカにしておけば、年の瀬をゆったりと過ごして、清々しい気持ちで新しい年を迎えられそうですね。

■関連記事
“家事えもん”がオススメする洗濯物の部屋干し臭を防ぐテクニック
親が住んでいた家、誰もいなくなったらどうすればイイの?
排水口のぬめりは○○でこするだけでOK!

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP