ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

福祉はダサい?イメージを変える「超福祉展」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「OTHERS」(ナビゲーター:ふかわりょう)のワンコーナー「VISIONARY」。11月12日(土)のオンエアでは、「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」をピックアップしました。

11月8日から、渋谷ヒカリエ8階「8/ハチ」をメイン会場にしてスタートした同展。どんなイベントなのか、イベントをオーガナイズしているピープルデザイン研究所の須藤シンジさんにお話を伺いました。

実は須藤さんのお子さんは、重度の脳性まひで生まれたのだとか。現在21歳のそのお子さんが生まれた頃に、“障害者や福祉を取り巻く周辺の地味さ・ダサさ”を感じたことが活動のキッカケだそう。

そして“超福祉”について、須藤さんは「プラスマイナスで言うと『マイナスからゼロに持ち上げてあげよう』という同情ではなくて、背が高いか低いかの違いくらいで『そこからさらに飛び抜けていこう!』という気持ちで“超福祉”という言葉を使っています」と話してくれました。

同展は二つの柱で展示をしています。

「一つは、福祉機器だった車いすにデザイン性とテクノロジーを加えたら『どれだけカッコいいの?』というカッコよさを伝えるパート。 もう一つが、意識・心のバリア、混ざれないと思うかわいそうな気持ち。これを『いかに壊していけるか?』というポイントで、さまざまな未来の作り手たちが“超”の付く福祉を考えていくというシンポジウムです」(須藤さん)

今回の展示で「ぜひ見てほしいもの」を須藤さんに聞いてみると、「全てがぜひ見ていただきたいものではあるんですが…」と悩みながらも、“Ontenna(オンテナ)”という機器を挙げてくれました。こちら、見た目は親指を一回り大きくしたようなアクセサリーだそうですが「音に反応して音が振動に変わったり、音が光に変わる」とのこと。音楽や声で震えたり、高い音が入ってくるとピンクに、低い音のときはグリーンに光るということで「例えば、言語や聴覚が不自由な方が楽しめる超福祉なアクセサリー」なのだとか!

「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」は14日(月)まで開催されています(最終日は16時まで)。普段経験できないような体験をして、福祉について考えてみては?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「OTHERS」
放送日時:毎週土曜 22時―24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/others/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP