ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

わずか2秒でどのようにタイヤが交換されるのか? 計18人が一斉に行うF1のピットストップ作業が神技すぎる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年々速さを極めているF1の世界で、ピットストップ(レース中ピットに入ってタイヤ交換や燃料補給などを行うこと)は数少ない速さを縮めることができる分野として、ここ数年どんどん進歩を遂げてきた。3年前に3秒台が最速と言われて来たピットでのタイヤ交換だが、今年6月にアゼルバイジャンの首都バクーで開催された「ヨーロッパGP」では、ウィリアムズが2秒を切る1.92秒という最速記録を叩き出し話題を呼んだ。そして今回、「およそ2秒でどのようにタイヤが交換されるのか?」を解説する映像がレッドブル・レーシングから公開され、注目を集めている。

https://www.youtube.com/watch?v=o8KTXtvqbtg

F1のタイヤ交換は、瞬時に作業を行うため1つ1つの動作が完全な分業となっており、動画の説明によれば、基本的に合計18人のクルーによって行われるという。4本のタイヤそれぞれに3人、計12人を配置し、それぞれがタイヤの取り外しや装着、ホイールガンを担当する。左右のフロントタイヤの取り外しを行う2人は、マシンを定位置に止めるストップマーカーを兼任するようだ。映像では、その他にも、タイヤ交換完了の合図を出すロリポップマンや、フロントジャッキとリアジャッキの担当、またその補助などが紹介されている。

様々なスポーツを見渡しても、18人もの大人数がこれ程まで短い時間の間に、異なる作業を強いられることはなかなかない。レース中継などで「タイヤが外れない」、「ロリポップマンがタイヤの交換が済む前にドライバーにGOの指示を出してしまう」といった失敗シーンも度々目にするが、レースの度にチームの2台のマシンのタイヤを何度か、ほぼ正確なタイムで送り出すピットクルーたちの凄さを改めて感じさせてくれる映像である。

■今読まれてます!
試合に出なくても絶対に必要な選手、川崎宗則が最強シカゴ・カブスのワールドシリーズに帯同し続ける理由
スマホの時代に、ジャニーズの写真が「売れる」ワケ
来年公開のキング・コング映画『コング:スカル・アイランド』には『GODZILLA』に登場したあの秘密機関(MONARCH)も登場?!

■フォトギャラリー
【ギャラリー】お騒がせセレブ マイリー・サイラスのとんでもない衣装29
■フォトギャラリー
【ギャラリー】愛猫&愛犬が写真に写りこんだ瞬間【おもしろフォト集】125

関連記事リンク(外部サイト)

野村克也VS張本勲の暴走老人対決!ノムさんが口撃「喝いれる資格ない」「人の事言えるか」
ロッキーが盟友・アポロの息子をプロボクサーに!男気映画『クリード』予告編大公開
スケボーが超絶ウマいお爺ちゃんがストリートに降臨!トリック決めてキッズがドン引き
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
LINEアイコンを自分の顔写真にしてもモテない?男心をくすぐる「男盛アイコン」とは

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP