ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

町から麻薬の売人を一掃したのは・・・地元の現役ギャングたち!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

地域の若者を守るために、麻薬の売人を一掃したギャング集団が話題になっている。

https://www.youtube.com/watch?v=CBstfPqRDwA

ニュージーランド・ナルワヒャの町で、地元の民族系ギャング「Tribal Huk」が、地域で麻薬を売りさばく売人たちに24時間以内に退去することを命じ、たった2日で町から売人を一掃したという。

彼らは地域の若者たちが麻薬による悪影響を受けている現実を目にして、ついにアクションを起こした。彼らが事前に地元の若者たちに話を聞いたところ、約75%の若者が何らかのかたちで麻薬の影響下にあることが判明したのだそうだ。

この事態を重く見た「Tribal Huk」のリーダーであるジェイミー・ピンクさんが、2016年10月13日に地元の集会で異例の発表をした。麻薬の売人に対して、24時間の猶予を設けるので期限内に町から出て行くように、と事前通告をしたのである。

「Tribal Hukは、この町のギャングを長年束ねてきた。しかし、これまでに諸悪の根源を追い出したことはなかったので、少々申し訳なく感じる」と低姿勢のジェイミーさん。とはいえギャングの指令だけに、最初こそ紳士的に依頼するものの相手にとっては”従う以外の選択肢はない”ということを意味している。

もちろん麻薬を資金源にするギャングも存在するが、この「Tribal Huk」のリーダーは、以前から麻薬反対派。もちろん麻薬は収入源にもなるが、同時に破滅も生むからだ。彼は、地域の問題のひとつを見逃せなかったのだろう。

ギャングから設けられた最終期限が過ぎると、メインストリートから麻薬の売人が姿を消し、町に平和が戻ったように見えた。しかし裏側では、ギャングが徹夜で麻薬の売人5、6人が集まる部屋に突入し、彼らを退去させるという動きもあったらしい。

ある女性の証言によると、警告を無視した売人に対してギャングが暴力行為を働くのを目撃したという。しかし彼女は、若者に麻薬を売る売人にとって当然の結果であると考えており、過去3回も強盗に侵入されたが「Tribal Huk」がパトロールを始めてから町が平和になった、と証言している。

10月15日には、ジェイミーさんが「麻薬の売人を一掃するキャンペーンは成功した」とを発表。実際に、警察は町で暴力事件などが減ったと語っている。おそらくギャングのクリーンアップ作戦の効果もあるだろう。

そんなギャングのアクションに対して、住民からは「町から麻薬を一掃してくれた」「国にもっと彼のようなリーダーが必要だ」と賞賛する声が上がっているが、「ギャングは本当に問題を解決しているわけではなく、別の場所に移動させているだけ」と、新たな問題を指摘する声もある。

なお、このギャング集団は2年前にも地元の学校30校に通う子どもたちのために1日で計500個のサンドイッチを配るというアクションを行い、「サンドイッチ・ギャング」として地元メディアに取り上げられたこともあるそうだ。

■参照リンク
http://www.odditycentral.com/

■今読まれてます!
試合に出なくても絶対に必要な選手、川崎宗則が最強シカゴ・カブスのワールドシリーズに帯同し続ける理由
スマホの時代に、ジャニーズの写真が「売れる」ワケ
来年公開のキング・コング映画『コング:スカル・アイランド』には『GODZILLA』に登場したあの秘密機関(MONARCH)も登場?!

■フォトギャラリー
【ギャラリー】お騒がせセレブ マイリー・サイラスのとんでもない衣装29
■フォトギャラリー
【ギャラリー】愛猫&愛犬が写真に写りこんだ瞬間【おもしろフォト集】125

関連記事リンク(外部サイト)

「カワサキを愛している」優勝したブルージェイズ・川崎宗則を地元紙が大特集、愛されすぎてると話題に
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」
野村克也VS張本勲の暴走老人対決!ノムさんが口撃「喝いれる資格ない」「人の事言えるか」
BRAHMANのTOSHI
LINEアイコンを自分の顔写真にしてもモテない?男心をくすぐる「男盛アイコン」とは

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP