ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

照明カバーの水拭き・水洗いはNG 掃除が格段に困難に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ほこりはもちろん、油煙や虫の死がいなど、照明カバーは中も外も意外に汚れがたまりやすいもの。1年間そうじをしないと、明るさが約20%ダウンするとまでいわれている(北陸電力HPより)。明るい室内で新年を迎えるためにも、電源を切っておそうじ開始! 10分でピカピカにする方法を、日本ハウスクリーニング協会理事・高橋敬子さん(「」内、以下同)に伺った。

「シーリングライト(天井付け型)のカバーは、“水拭きや水洗いすれば楽”と思われがちですが、実はNG。乾いたほこりを水で濡らすと、ダマになって落ちにくくなり、そうじがより面倒になります。さらに、水洗いをすると端の返しや溝の部分に水がたまってゴミがつまり、取りにくくなってしまいます。

 時短そうじのコツは、最初にハケブラシでほこりをかき出し、掃除機で吸い取ること。ブラシは、塗装用など目の細かいものがおすすめです。次に、弱アルカリ性の住居用洗剤をつけたぞうきんで拭いて、最後にから拭きを」

 電球をそうじする時は、電源を切り、はずしてからから拭きを。住居用洗剤を使うなら、口金部分を濡らさないように注意。

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
キレイ好きのミキティー 部屋中の布製品を洗って生活臭を一掃
掃除での水拭きは雑菌を広げる アルコール+から拭きを推奨
ミキティにトイレ掃除を伝授 壁に飛び散った尿を拭き取れ!

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。