ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

脂質異常症は“死の四重奏”とも呼ばれる疾患 その原因と予防法は?

  • ガジェット通信を≫


脂質異常症はかつては高脂血症と呼ばれていた疾患のことを言います。

糖尿病、肥満、高血圧の3つと合わせて死の四重奏などと言われていますが、その理由は何なのでしょうか。

また、予防法についても紹介したいと思います。

要チェック項目

□脂質異常症は日本人の多くに見られる疾患です

□脂質異常症は食生活が大きく関与します

□脂質異常症の予防は食生活の改善や適度な運動をすることです

脂質異常症とはどのような疾患のことをいうのですか?

高脂血症

ある年齢以上の方には、高脂血症と言った方が馴染みがあるかもしれません。

血液中に悪玉コレステロールや中性脂肪が多すぎることをこう呼んでいましたが、研究によって善玉コレステロールが少ないことも動脈硬化のリスクを高めることから、脂質異常症と呼ぶように改められました。

脂質の異常

血中の脂質としては、コレステロールや中性脂肪、リン脂質や遊離脂肪酸が挙げられますが、これらのバランスが乱れることによって、結果的に動脈硬化が進行してしまうこととなります。

一般的には悪玉コレステロールや中性脂肪が増加し、善玉コレステロールが減少することが問題とされています。

無症状

脂質異常症になったとしても、特別これといった自覚症状が現れることはありません。だからと言って放置してしまうと動脈硬化が進行し、さまざまな弊害が生じることとなります。

弊害としては例えば、脳梗塞や心筋梗塞、急性動脈閉塞症といった命にかかわる疾患が挙げられます。

死の四重奏について

脂質異常症は、高血圧・肥満・糖尿病と合わせて死の四重奏と呼ばれています。

これらはいずれも、発症したからと言ってそれ自体に特定の症状がある訳ではなく、進行することによって体にさまざまな弊害が生じ始めると言った特徴があります。

知らないうちに病気が進むことからこのようなネーミングがされている訳です。

高血圧

人間は加齢とともにある程度は血圧が上昇するものですが、一定の数値を超えた場合、「高血圧症」と言われます。

高血圧になったからすぐに何かが起こる訳ではありませんが、血管がもろくなっていた場合に血管が裂け、大動脈解離などの疾患を招いてしまう可能性があります。

肥満

肥満もそれ自体が病名という訳ではありません。単に見た目が太っていることをいうのですが、内臓脂肪や中性脂肪、トランス脂肪酸と言った体内の脂肪が増えることで、生活習慣病のリスクが高くなることが分かっています。

メタボリックシンドロームと言われるものがそれに当たります。

糖尿病

糖尿病も体の各部に影響が出る疾患です。

いわゆる糖尿病の三大合併症と言われるものに、「糖尿病性神経障害」・「糖尿病性腎障害」・「糖尿病性網膜障害」と言われるものがありますが、

手足がしびれたりするだけでなく、腎臓障害を起こしたり、失明の危険性もある怖い病気なのです。

脂質異常症の原因にはどのようなものがありますか?

欧米化した食習慣

日本では古来より魚食や菜食を中心としたヘルシーな食事が一般的でしたが、食事の欧米化にともない、高カロリーで脂肪分の多い食事が増えました。

特に動物性脂肪の取りすぎが脂質異常症の最大の原因として挙げられています。

食生活の乱れ

食べすぎで太ってしまうのはもちろんですが、特定の食べ物ばかり食べたり、好き嫌いが多かったり、野菜を食べないことも脂質異常症の原因となります。

また、食べる時間が不規則だったり、食べたり食べなかったりすることも危険因子となります。

飲酒・喫煙

タバコは百害あって一利なしと言われるように、肺がんや咽頭がんの原因となるだけでなく、脂質異常症にとってもリスク因子となります。

お酒もほどほどなら百薬の長などと言われますが、やはり飲み過ぎてしまうと脂質異常症の危険因子となります。

運動不足

生活習慣病になるような人にはたいてい運動不足が見られます。

日常的に運動習慣がないのかもちろんのこと、普段からあまり歩くことをせず車ばかり使っていたり、階段を使わずにエスカレーターやエレベーターを使うといった生活習慣も運動不足の要因となります。

脂質異常症はどのように治療しますか?

食事療法

脂質異常症はいわゆる生活習慣病なので、食事の質を改善したり、量をコントロールしたり、また、適度に運動をすることも重要です。また、タバコやアルコールはなるべく控えるようにする必要もあります。

薬物療法

脂質異常症の治療には、悪玉コレステロールを下げる薬や、中性脂肪を下げる薬を用いることもあります。”

脂質異常症はどのようにして予防したらいいですか?

脂質異常症の原因はその多くが生活習慣なので、自分の生活を振り返ってみましょう。

運動不足ならランニングやエクササイズをするのもいですし、普段から階段を使うようにしたり、一駅前で降りて歩いて帰るなど工夫すると良いでしょう。また、バランスの良い食事を心がけることも大事です。

死の四重奏が奏でられないように!

脂質異常症は自覚症状がなく進行するのが怖いところです。

死の四重奏がレクイエムへと変わらないように、生活習慣を改善することを心がけましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

自覚症状がほとんどなし!? 高脂血症の原因や予防法について
脂質異常症は食事から見直そう 突然死のリスクを下げる食卓
キスマークによる血栓で脳梗塞に…17歳の少年に襲いかかった悲劇

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP