ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レギュラーバンドから初参加バンドまで! 『Tokyo Chaos 2016』開催決定!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

V系シーンの年末集大成ともいえるイベント『Tokyo Chaos 2016』が、12月31日(木)に国立代々木競技場 第二体育館にて開催されることが決定した。また、会場の改装工事に伴いイベントの一時休止も同時に発表された。

2007年より20014年までは渋谷公会堂にて『Over The Edge』として、そして昨年からは国立代々木競技場 第二育館にて『Tokyo Chaos』として数々の名演を展開してきたこのイベント、2017年よりの国立代々木競技場 第二体育館の改装工事に伴い、一旦のイベントの休止も同時に発表となった。

今回の出演者は下記の通り。A9、アルルカン、BAROQUE、Blu-BiLLioN、ダウト、DaizyStripper、DEZERT、heidi.、Kαin、カメレオ、MERRY、Mix Speaker’s,Inc.、MUCC、The THIRTEEN、vistlipの15組が出演決定となった。そして毎年恒例のセッションバンドには<Tokyo Chaos Super Session>として、2組がラインナップされた。イベントの10年間を彩ったレギュラーバンドから、久しぶりにこのイベントに戻ってきたバンド、そして2016年初参加のバンドまで、幅広いラインナップとなっている。

セッションバンドTokyo Chaos Super Sessionは下記の2つとなる。まずはHitomiセッション<Hitomi(ex.Moran)、海(vistlip)、祐弥(ex.DuelJewel)、玲夏(ダウト)、Nao(A9)>、そして押しちゃんズ<逹瑯(MUCC)、ガラ(MERRY)、怜(BAROQUE)、aie(the god and death stars/gibkiy gibkiy gibkiy)、kazu(the god and death stars/ gibkiy gibkiy gibkiy)、ユアナ(STEREO.C.K)、明希(シド)、SATOち(MUCC) …and more)の出演が決定した。Moran解散後もセッションなどで精力的活動を続けるHitomiを中心としたセッション、そしてこのイベントに欠かせない存在であった大佑(蜉蝣/the studs)に縁の深いメンバーが一堂に会する、押しちゃんズ。どちらもこのイベントでしか見ることの出来ない、趣深い組み合わせに興味は深まるところだ。チケット争奪戦が予想される本公演の先行予約も11月12日正午より開始となった。歴史の区切りとなる本公演、チケットの確保も早めにしておこう。

また近年ささやかれる「2020年問題」における各コンサート会場の改修工事に伴い、国立代々木競技場 第二体育館も来年改修工事に入る。10年続いたこのイベントも、それに伴いこれ以上会場を流転するよりは、座席の有るシアター形式の各会場が改修工事を終え、戻ってくるまで、一旦の休止をしようと相成った。数々の伝説的な名演・迷演、そして狂演を展開してきたこのイベントも、一旦リセットのタイミングを迎えた。伝説の10年間の総決算をすべくの今回、各バンドの気合の入った演奏が展開されることは間違いない。激動の2016年V系シーンの総決算を見逃すな。

『Tokyo Chaos 2016』
12月31日(木) 国立代々木競技場 第二体育館

開場12:00/開演12:30 

料金:¥12,960(税込:全席指定)

出演:A9、アルルカン、BAROQUE、Blu-BiLLioN、ダウト、DaizyStripper、DEZERT、heidi.、Kαin、カメレオ、MERRY、Mix Speaker’s,Inc.、MUCC、The THIRTEEN、vistlip

<Tokyo Chaos Super Session>

■Hitomiセッション

Hitomi(ex.Moran)、海(vistlip)、祐弥(ex.DuelJewel)、玲夏(ダウト)、Nao(A9)

■押しちゃんズ

逹瑯(MUCC)、ガラ(MERRY)、怜(BAROQUE)、aie(the god and death stars/ gibkiy gibkiy gibkiy)、kazu(the god and death stars/ gibkiy gibkiy gibkiy)、ユアナ(STEREO.C.K)、明希(シド)、SATOち(MUCC) …and more















カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP