体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【交通費込みで2000円以内!】都内からすぐに行ける日帰り温泉「国民休暇村奥武蔵」

大自然のある日帰り温泉に交通費込みで2000円で行けたら最高ですよね。2013年にオープンした首都圏に1番近い休暇村「国民休暇村奥武蔵」は池袋から片道597円で行ける温泉。最寄り駅の吾野駅からは無料の送迎バスもあり、短時間でパパッと日帰り温泉を堪能できます。

【交通費込みで2000円以内!】都内からすぐに行ける日帰り温泉「国民休暇村奥武蔵
(C)facebook/休暇村奥武蔵

「国民休暇村奥武蔵」の日帰り温泉利用は620円と大変お得!

【交通費込みで2000円以内!】都内からすぐに行ける日帰り温泉「国民休暇村奥武蔵

(C)facebook/休暇村奥武蔵

休暇村奥武蔵の大浴場「こもれびの湯」は木々に囲まれた露天風呂と木漏れ日が差し込む内湯があり、なんと620円で日帰り温泉利用できます。サウナや水風呂もあり、のんびりと温泉を楽しむことができて、心身の疲れを癒せます。野鳥の声を聞こえることもあるそうですよ。

【交通費込みで2000円以内!】都内からすぐに行ける日帰り温泉「国民休暇村奥武蔵

(C)facebook/休暇村奥武蔵

内湯も明るく開放的な雰囲気。窓から差し込み木漏れ日を浴びながら、癒しの時間を過ごせます。

また、貸しバスタオルと販売タオルが各110円で、家からタオルを持っていく必要もありません。身軽で行ける温泉なのです。

【交通費込みで2000円以内!】都内からすぐに行ける日帰り温泉「国民休暇村奥武蔵

(C)休暇村奥武蔵

温泉に浸かった後は、無料の休憩所で飲み物を飲んだり、談笑できたりします。窓の外に広がる自然を眺めつつ、おしゃべりにも花が咲きそうですね。

お風呂上がりに「あじさい食堂」ランチを

【交通費込みで2000円以内!】都内からすぐに行ける日帰り温泉「国民休暇村奥武蔵
(C)休暇村奥武蔵

温泉から上がってしばらくするとお腹が空いてきますよね。そんな時は「あじさい食堂」でランチを! ボリューム満点の「自家製ダレのおいしい豚丼」や「里山御膳」、「ご当地ごちそうランチ」など、充実したランチメニューから食事を選ぶことができます。ラストオーダーは14時なので、ちょっと遅めのランチにも最適です。

その他にも「手ぶらでバーベキュープラン」もありますよ。大人数や家族で訪れた際にはぜひ利用してみたいですね。大自然の中で食べるご飯は格別です。

[国民休暇村奥武蔵]

次のページでは周辺スポットをご紹介。紅葉情報もありますよ。

■あわせて読みたい
【ほっこり秋の恋旅】伊香保温泉と紅葉ライトアップ、おすすめの人気宿も
【日光鬼怒川】紅葉×温泉の最強コラボもあり!秋の絶景巡りの旅
【一人旅歓迎の宿】紅葉と四万ブルーの四万温泉露天風呂三昧。宿直営カフェも
【首都圏紅葉ライトアップ5選】恋心が燃え上がるロマンティック・ナイト

日帰り温泉ついでに訪れたい「東郷公園 秩父御嶽神社」

【交通費込みで2000円以内!】都内からすぐに行ける日帰り温泉「国民休暇村奥武蔵
(C)休暇村奥武蔵

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。