ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホを3000円以下で、手軽にアクションカム化!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


エクストリームスポーツはもちろんのこと、実況動画やライフログでも大活躍のアクションカム。どんなものかちょっと試してみたい、と思っても「GoPro」や「ハンディカム」などのブランドは数万円もするため、おいそれと手が出ない…という方も少なくないのでは?

【もっと大きな画像や図表を見る】

そこでオススメしたいのがサンコーの『SMABOW』です。こちらは、ツバの部分にスマホホルダーを備えたカジュアルキャップ。そうです、スマートフォンを装着することで、手軽にアクションカムよろしく一人称動画を撮影できてしまうシロモノなのです。

取り付けられるのは厚み11mm以内×横幅55mmから88mmのスマートフォン。iPhoneやGalaxy、Xperiaなどほとんどのスマホが装着可能です。

いったん帽子に取り付けるとプレビューができないので、ほどよい画角を定めるまでトライアンドエラーが必要ですが、コツさえ掴めれば憧れのアクションカムが2480円で自分のものに。帽子が吹っ飛ぶようなアクションは御法度ですが、歩いたり走ったり自転車に乗ったりといったさまざまなシチュエーションで、臨場感あふれる動画を撮影することができます。

とはいえ、多くのアクションカムは超広角なレンズを備えているもの。スマホの動画機能では到底及びませんので、別途魚眼レンズやワイドレンズを買い求めるとよいでしょう。そちらは、幸い最近では2000円以下で入手可能ですので。

これでアクションカムの撮影に慣れて、「いよいよ、本物のアクションカムを買うぜ!」となった場合でも、『SMABOW』は「GoPro」のマウントとして使えるため無駄になることもナシ。スマホで使い続けるのもよし、ステップアップするもよし、まずはアクションカム入門編としてSMABOWをゲットしてみてはいかがでしょうか。

(熊山 准)

『スマートフォンを帽子に装着!SMABOW(スマボウ)』サンコー/価格:2480円)

(R25編集部)

スマホを3000円以下で、手軽にアクションカム化!?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

過半数の会社員「今後、ゲーム専用ハードを買う可能性」アリ
「企業のLGBT対応」課題の1つはトイレにあり?
ウェアラブルカメラが面白い
飛び降りるスタントマン動画が話題
成層圏からダイブする動画が話題

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP