体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セブン&アイとNTT、スマートフォンのカメラにコンビニ商品をかざすと関連情報を表示する実験を実施へ

セブン & アイ・ホールディングスと NTT は 11 月 11 日、コンビニの商品パッケージにスマートフォンをかざすと、該当商品の関連情報を表示する新サービスの実証実験を今月中旬より都内のセブン-イレブン数店舗で実施すると発表しました。これは、両社がショッピング体験をより便利にするために協議を重ねてきた取り組みの第一弾として提供されるサービスの実験で、消費者は陳列棚の商品にスマートフォンのカメラをかざすだけで、パッケージ上の「7&i」ロゴを読み取り、原材料やアレルギー情報といった通常は商品の裏面に記載されている情報をスマートフォンで確認することができます。新サービスによって、商品を手に取ることなく関連情報を得ることができるほか、外国語での表示をサポートしているので、訪日外国人のコンビニ利用体験を改善するものになると期待されます。今後、こういったサービスが一般化すると、今は控える方も多いコンビニでのカメラ撮影が普通に行えるようになるので、社会常識に変革をもたらすことにもなりそうです。Source : NTT

■関連記事
Nextbit RobinがAmazonでなんと$169
Google、ブートローダーアンロック済み端末をAndroid Payの対応から除外、root化された状態と同じと見なす
Googleの最新スマートフォン「Pixel」がPwnFestでハックされる

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。