ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【お雑煮マイスター】たった10分でできる簡単雑煮&一晩寝かせたこだわり雑煮のレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メシ通レポーターのハガです。

だんだんと寒さ深まるこの季節、ポカポカと身体温まる「お雑煮」を食べたくありませんか?

正直お正月まで待てないっ!

実家に帰らずとも今すぐお雑煮が食べたい!

「わっかりましたー」

と呼ばれて飛び出てきたのは、このお方。

ウェブサイトお雑煮研究所を運営する粕谷浩子さん。

粕谷さんは、お雑煮の面白さと楽しみを世に広めようとしているお雑煮マイスター。

手軽で簡単に作れるお雑煮&一晩かけて作るこだわり雑煮の作り方を教えていただきます。

料理をしない独身男子でも簡単に普段使いできる! 10分でできる「ふわふわ玉子の雑煮」

具材はこちら(1人前)。 青ネギ……2本
玉子……2個
大根……3センチ 人参……3センチ

まずは具材を切っていきましょう。大根、人参はおろし器を使うと手軽に切れます。青ネギはお好みでみじん切りにしましょう。

鶏肉は唐揚げ用のモモ肉。短時間で火が通るよう小さめに切ります。

水にだしパックを入れて火をかけ、鶏肉、野菜の順番で具材を投入しましょう。

約5分したら、だしパックをとりだし、しょう油小さじ1杯半、みりん小さじ1杯を入れ、味付け。

玉子を溶きます。

お約束!

ブクブクと沸騰している時に、玉子をいれましょう。

フワフワ玉子にするポイントは、鍋の中で玉子を絶対に混ぜないこと。

オーブントースターでお餅(具材外)を焼きましょう。焦げ目はお好みで。

最後に青ネギを盛り付け10分で完成!

ご覧ください。玉子がふわふわっ!

シンプルな味付けの出汁はジュースのように何杯も飲めちゃいます。

粕谷さんもよく自宅で作って食べるという自信のお雑煮。

明日から飲んだ後には、ラーメンの代わりにこのお雑煮がヘルシーかつ胃にも優しくおすすめです。

ふわふわ玉子のお雑煮が、普段使いのお雑煮だとしたら、

週末のゆっくり時間に余裕があるときに食してみたいお雑煮の作り方はこちら。

一晩寝かせたこだわりのお出汁「焼海老だしの薩摩風雑煮」

粕谷「焼きえびの香ばしく甘い香りのお出汁は、人を幸せにしてくれます。お出汁さえ前日に準備していたらそれだけで良し。休日にとてもよく合うぜいたくな気分が味わえるお雑煮です」

具材はこちら(2人前)。 ほうれん草……2束
もやし……片手で握れる分
かまぼこ……2枚
人参……4枚
焼き豆腐……2カット
鶏肉……唐揚げ用もも肉2個

まずはこだわりポイント。前日にお出汁を作っておきましょう。

粕谷「100円ショップで売っている容器にいれて、冷蔵庫に保存すればお雑煮以外も出汁は使えますのでオススメです」

お出汁の作り方はとても簡単です。

焼海老としいたけ、昆布を投入して冷蔵庫に一晩寝かせるだけで、終了。

お出汁を鍋にいれたら、鶏肉、野菜を入れていき、火が通るまで約5分温めます。

さらに味付けのポイントとして、甘口醤油を使いましょう。大さじ2杯強くらいです。

粕谷「鹿児島のお醤油はとにかくとっても甘い! これがこのお雑煮にも、とてもよく合います。自宅が濃口醤油を使っているという場合は、醤油大さじ1に対して、みりん大さじ1、砂糖小さじ1を加えてみましょう」

そして、オーブントースターで焼いたお餅(具材外)と出汁をとった焼海老と椎茸も盛り付けて完成です!

焼海老の香ばしさがたまりません!

甘口醤油の甘みと出汁の風味と合わさって、お餅が何個でもいけちゃいます。

粕谷「お雑煮は、お手軽な軽食です。お餅のおかげで腹もちも良いし、お出汁の効いたあったかい汁って気持ちもほっこりさせてくれます。簡単スピーディにお手軽にできるので、冬の朝ごはんにもピッタリなので、是非お雑煮を作ってみてください!」

この冬はお雑煮作りにチャレンジしてみましょう!

こだわりのマイ雑煮がきっとできるはず。

協力:お雑煮研究所


イベント情報

お雑煮研究所 presents びっくり! ご当地お雑煮祭 2016冬

お雑煮マイスター粕谷浩子さんが全国を巡って調べつくしたご当地雑煮を紹介するイベント。粕谷さんが自信をもっておすすめする「こんなお雑煮あったんだ!」という全国変わり種の一杯が食べられます!

日時:2016年11月17日

場所:TOKYO CULTURE CULTURE

開場:19:00(開始:19:30~)

イベント詳細はこちら

びっくり!ご当地お雑煮祭 2016冬 | 東京カルチャーカルチャー | @nifty

書いた人:ハガユウスケ

甘党無宿メンバー。コンテンツ制作会社・株式会社ブックバーガー代表取締役。会社の本店所在地、浅草雷門から東東京のおいしい情報をよなよな発信中。好きなかき氷は、ブルーハワイ。 公式サイト:株式会社ブックバーガー

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

パクチーボーイ エダジュンの「さんまとパクチーのキムチ味噌煮込み」
【カモフラ飯】意識の高いビジネスパーソンは、ノートでカルシウムを補給する
【新宿駅まとめ】新宿って知った気になっていたけど、まだまだディープなんですね

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP