体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

母さんはこんな痛みを耐えて私を産んでくれたの? 陣痛中にこみ上げた母への思い

f:id:akasuguedi:20160830220716p:plain

出産予定日1ヶ月前から里帰りした私。

実家に居たときは、ご飯に後片づけ、掃除に洗濯、全て母さんがしてくれるのが当たり前だった。

そんな私も結婚して家を出て、初めて母さんの大変さを知る。

恩返しの「お」の字にもならないかもしれないが、両親が共働きということもあり、食器洗いや洗濯物の取り込み、アイロンがけ、お風呂洗いなどさせてもらい、食後に夫婦2人のゆっくりした時間を過ごしてもらうことができた。 関連記事:約10年ぶりの実家生活…デメリットもあるけれど、里帰りは親孝行にもなりました

検診はいつも両親と行った。

37週の検診、子宮口はまだ指1本分で、担当医に「まだまだですね~しっかり歩いてください!」と言われ、その日は終わった。

つわりで体重が激減してから、体力が落ちてしまい、妊婦の間ずっとお家でゴロゴロしていた私。

そろそろ歩かないと出産予定日遅れちゃうかもな~なんて思いながらも、なかなか気分も乗らず。

節分の日、鬼は外、福は内、季節のイベントごとを大事にしていた実家は今年も豆まき。

お腹の中の赤ちゃんと私と旦那の分まで豆を食べる(笑)

その頃、夜遅くまで目が冴える日が続いていた。

何となくトイレに行きたくなり座ると‥‥血!鮮やかな血。おしるしだぁ。あ~ビックリした!

まあ、まだ指1本分って言ってたし、と布団へ。

すると、生理痛のとっても弱い感じのが訪れてきた。これが噂の陣痛の予行演習の前駆陣痛かぁ~と思い、本番のために陣痛アプリを試すことに。

時間はバラバラで明け方まで続いた。

少し痛みが増し、生理痛の弱い感じくらいで、間隔を見てみると6分間隔に。

でもまだ全然我慢できる痛みだしな~と思いつつも、一応 両親に「陣痛来たかも~? 6分間隔になった」と伝え、産婦人科にも電話。「一旦帰ってもらうようになると思いますが、一度診せに来てください」と言われ、一応念のため入院グッズを持って病院へ向かう。

まだ陣痛だとは思ってなかった私は、いつも通り旦那にモーニングコールをし、「すぐ帰ってくると思うけど病院に行ってくる」と伝えた。

病院に到着。

担当医に触診されると、「子宮口が6センチ開いとるね~、もう産まれるよ~」と言われ、急いで旦那へ電話!

出産予定日まで2週間ほどあったものだから、旦那はテンパってました。

高速道路でも2時間近くかかる。担当医は「間に合わんね~」と一言。

陣痛って、耐えれん痛みって聞くし、陣痛じゃないと思ってた、もっと早くに病院来とけば良かった。と少し後悔。

お腹の中の赤ちゃんに、あと2時間待って~と心の中で念じる。

すると、急に痛みが増してきた。痛い。

暫くすると担当医が現れ、「破水させますね~」と一言、バシャン。温かいものが出てきた。

すると、更に痛みが一気に押し寄せる。痛い!痛すぎて、気丈に振る舞う余裕もない。叫んでしまう。

でもまだいきんではいけない。必死で痛みを紛らわすため、病院服の袖を咬んでいた。

陣痛の間隔もかなり狭くなり、痛みに歯を喰いしばっては、痛みのが遠退いたときには気絶したかのようにぐったりしていた。

そんな中、母さんは手を握ってくれていた。

‥‥痛い!痛い!痛い!

母さんが手をギュッと力強く握って言った。

「痛いね~痛いね~、母さんの子じゃけぇ大丈夫!」

涙が出てきた。痛いからじゃない。

母さんはこんな痛いの耐えて私を産んでくれたん?スゲェ!!!

尊敬という言葉じゃぁ何か違う気がする、母さんの偉大さを知った!

今までどこかしら小バカにしていた母さん。そんな母さんが、こんな痛いの乗り越えて私を産んでくれた!こんなにこんなに痛いのに。

母さん、私は強いつもりでいた、でも全然強くなかった。母さんありがとう。

そうこうしていると、旦那が到着した。間に合って良かった~。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。