ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松平健は静の芝居を求めている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、40年以上にわたり活躍する時代劇スターのひとり、松平健が、池波正太郎作品に対する思いを語った言葉からお届けする。

 * * *
 松平健は『鬼平犯科帳スペシャル 盗賊婚礼』(2011年、フジテレビ)、『鬼平外伝 正月四日の客』(2012年、時代劇専門チャンネル)と、池波正太郎原作時代劇への出演が続いている。そして、新作『池波正太郎時代劇スペシャル 顔』(時代劇専門チャンネル)も、池波原作だ。

「60を過ぎて歳を重ねていくと、主役の話ってなかなか来ません。どうしても若い人が主役になる。立ち位置をどう変えていくかは、ずっと考えています。

 これまでは感情むきだしの時代劇をやってきました。ただ、若い頃は無理といいますか、冒険ができたんですが、年齢も60歳が近くなって、だんだんと《静の芝居》もいいかな、と思うようになっていたんです。

 そういう時に『盗賊婚礼』のお話をいただきました。池波先生の原作は心の芝居が多いですよね。『鬼平』は、昔から観てきまして、『銭形平次』とか、ああいう派手な時代劇とは違って、落ち着いた大人の時代劇と思っていました。こういう時代劇に、ようやく年齢が合うようになってきたんですかね」

『顔』では、表では剣術指南を生業にしながら絵を趣味とし、裏では殺し屋という、二面性のある役柄を演じている。

「今の僕には、池波先生の世界が凄くいい。ですから、池波原作ならなんでもやろうと思っています。裏社会を描いた作品が多いですが、そこでの心の葛藤がある。それこそまさに僕の求める《静の世界》と言えます。

『顔』で意識したのは、裏の社会での顔と家庭での顔の違いをはっきりさせることですね。

 それから、今回は伏線がたくさん張られています。絵の世界に入るきっかけとなった先生との過去の話、趣味の絵で知り合いになった仏具屋の御主人との交流、それが最終的にある悲劇になっていく。過去の部分と現在の部分は大きく分かれているので演じやすかったですが、現在の部分で、ある真相を知ってからの気持ちが変化していく芝居を演じるのが難しかったです。

 芝居は、現場に行ってから決めます。相手の芝居を見ないと分からないですから。自分で『こうだ』と作ると対応できません」

 松平健は勝新太郎の弟子をしていた時代があるが、その頃は大映京都撮影所で撮影していた。その後、『暴れん坊将軍』は東映京都、そして一連の池波時代劇は松竹と、京都の三つの撮影所で時代劇に出演してきた。

「京都がホームグラウンドという感じです。人生の半分以上は京都にいるようなものですから。

 でも、撮影所によって雰囲気は違います。東映は明るく楽しい時代劇が多いのもあってか、スタッフも賑やかです。しょっちゅう怒声が飛び交っています。

 大映はセットや照明がリアルでした。その大映が無くなって、松竹にその流れが来ているので、地味な感じはしますが長屋とかの雰囲気が凄くいいんですよ。生活感がある。時代劇もシリアスなのが多いです。だからか、スタッフも皆さん無言で働く。

 それから、『顔』では勝先生に付いていた頃のスタッフがまだいたので、久しぶりに会えて嬉しかったですね」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

◆撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
下手な役者がやる芝居は興奮したものばかりと綿引勝彦が解説
今、時代劇がアツイ理由「自由で気持ちいいくらい楽しめる」
杉良太郎 ゴールデン枠2本でもテレビ時代劇を休業した理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP