ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「最近のお年寄りは元気」に笹野高史「気を使わないでいい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月11日(金)映画『オケ老人!』が全国ロードショーとなる。左とん平(79才)、小松政夫(74才)、石倉三郎(69才)、笹野高史(68才)の平均72.5才の大ベテランがアマチュア・オーケストラとして奔走するストーリーだ。そんなオーケストラに入団するのが高校教師の千鶴を演じる杏(30才)。老人の中で、千鶴が音楽の楽しさを実感していくが…。

「年寄りっておもしろいだろ? 何が起こるかわからないからね」――劇中、そんなせりふを言った男性が、次のシーンでは遺影となるのだが、このせりふについて、4人は熱く語った。

笹野:ぼくは年を取るっておもしろいなって思っていますよ。

石倉:おれなんかも、還暦過ぎてから本当に楽しくなってきた。これからは何でもいいやって思って、責任がポーンって半分以上軽くなったね。

左:20代、30代、40代までは一生懸命じゃない? それが50代、60代になると落ち着いてきて、芝居でもだんだんよくなってくるんですよね。

石倉:さっきも舞台挨拶の打ち合わせでね、スタッフが「ああです、こうです」って一生懸命説明してくれるんですけどね、でも、正直そんなのどっちでもいいのよ、そんなものはさ。そこでしくじったらしくじったで、何かすればいいんですから。

小松:言われなくてもわかることも増えてくるし、何か起きたときに楽しもうっていうのがあるのよ。

石倉:ただぼくたちは、自分たちを年寄りと全然思っていない。でも若いとも思っていないし、普通ですよ。戸籍の年齢なんて知ったこっちゃあないからね。

笹野:うふふふふふ。

小松:だから不思議なことに自分が年を取ったって感覚は全然ないんですよね。なんでだろう。確かに体が動かなくなるっていうのはあるけど。

左:でも他人から言われると「おれって年取っているんだな…」ってなるんだよな。

笹野:ぼくなんかはね、「最近のお年寄りが元気だ」というのをテレビなんかで見ていて、差別しているなって思うんです。ぼくも高齢者に入っちゃったけど、「そんなに気を使ってくれなくてもいいよ」って思う。みんな元気ですから。どうして元気なことを、そんなに特別扱いしなくちゃいけないのか。年寄りのことをわかっていないやつが言っているなって思いますね。

石倉:おれなんて電車に乗っても絶対に座らないしね。

左:あ、そう!

石倉:そうだよ! 優先席ってあるでしょ? ああいうところに若いやつが座っているとムカッてくるよね。

小松:なぜ座るかって思うね。

左:年寄りが来ても携帯をずっと見ていて、周りを見ないもんな。

石倉:そう、本当にバカ。どうしようもないよな。

小松:おれの話じゃないけどな、席がこれくらい少し空いていてその横で女が股を開いて座っているから、「ちょっとすいません、ここに座らせてもらっていいですか?」って座ろうとしたら、「なんだよ! なんでここにわざわざ座るんだよ」って女に文句を言われたって。

左:そんなのがいるんだ。

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
きんさんぎんさん「年寄りは可愛がられる努力必要」と発言
お年寄りの褒め方 「足の甲がきれい」が効果的
毒蝮三太夫 老人と会話をする時に大切なことが何かを紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP