ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高橋真麻、田中みな実も 帯番組でフリー女子アナ起用の狙い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 帯番組のメインMCとして最近、フリーの女性アナウンサー、キャスターが起用されることが多くなってきた。夏目三久、安藤優子、雨宮塔子、さらにこの秋からは高橋真麻、田中みな実も参戦し、活況を呈している。男性フリーアナでも女性タレントでもなく、彼女たちが帯番組のメインに起用される理由とは?
 
 出演している帯番組をおさらいすると、夏目三久は朝のワイドショー『あさチャン!』(TBS系)、安藤優子は昼2時の生放送番組『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)を担当。ただ彼女の場合、アナウンサーとしてテレビ局に入社したことは一度もなく最初からニュースキャスター、ジャーナリストとして活動している。

 雨宮塔子は今年7月、ニュース番組『NEWS23』(TBS系)のメインキャスターに抜擢され、17年ぶりに古巣に復帰。ラジオでは、元朝日放送の人気アナウンサーだった赤江珠緒が、月曜から木曜まで2時間半の生ラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)を担当している(金曜は安東弘樹TBSアナウンサー)。
 
 そんな帯番組の戦いに10月から新顔が2人。まずは、自らの名前を冠した情報番組『真麻のドドンパッ!』(BS日テレ)のメインMCに抜擢された高橋真麻。平日朝11時からの1時間、健康や旅、グルメなどを紹介している。またエンディングでは毎回懐メロを熱唱、自慢ののどを披露している(番組は事前収録)。
 
 続いて、お昼の情報生番組『ひるキュン!』(東京MXテレビ)のMCの座に就いた田中みな実。NONSTYLE・井上裕介やサンプラザ中野くんなど日替わりの個性的なアシスタントを脇に、意外な仕切りのうまさを見せている。
 
 現在、「帯番組のメインMC」といえばV6・井ノ原快彦、極楽とんぼ・加藤浩次、羽鳥慎一、TOKIO・国分太一、小倉智昭、バナナマン・設楽統、ホンジャマカ・恵俊彰、坂上忍、宮根誠司といった「男性パーソナリティ」が主流。ラジオも同様だ。そんな中での彼女たちの起用は、新しい風をもたらしたいという制作側の意図も透けて見える。

 さらにCMスポンサーからの広告収入が少なくなり、どの局も番組のコストカットが厳命される中、これまでのように高い出演料をねん出できなくなったことも要因だろう。局の女性アナに比べればフリーアナの待遇は破格だが、男性よりはおさえられるという。
 
 また、帯番組のMCに必要なのは「知名度」。その点、出たての新人より、顔が知られるフリーアナウンサーのほうがは有利だ。また帯番組は情報・ニュース系の番組が多いため、アナウンス技術を有し、原稿読みに慣れている彼女たちは、女性タレントより起用されやすい。さらに男性アナウンサーの去就に比べ、女性アナのフリー転身は、恋愛や結婚といったプライベートな話とセットで注目されるため、その後の動きに関しても話題にあがることが多い。

 さらに帯番組は基本的に生放送。臨機応変に対応する力に関しても彼女たちはクリアしている。夏目は『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ)を担当。安藤優子は『FNNスーパーニュース』(フジテレビ)を昨年まで15年務めた。雨宮塔子も局アナ時代、『あなたにオンタイム』『ザ・フレッシュ!』といった生放送の情報番組を経験。田中みな実もかつて『サンデージャポン』(以上、TBS系)のアシスタントとして出演しており、番組の制作発表記者会見でも「在局中に日曜日の朝の番組でずいぶん鍛えられましたので」と意気込みを語っていた。
 
 また田中みな実、高橋真麻というフリーに転身してまだ間もない彼女たちが帯番組を引き受けるのは、今や多くの女性アナが同じような道を歩み、ポジション争いが激しくなる中で、早めに自分の居場所、ホームグラウンドを確保しておきたいという理由もあるだろう。もちろん帯番組での露出はそれだけ信頼性があると見込まれ、タレントとしてのランクも上がると言われる。
 
 そんな女性フリーアナウンサーの帯番組の戦いは、今後もフリーに転身する女性アナがいる限り、活況は続くだろう。例えば今年4月にフジテレビを退社した加藤綾子、また『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)で宮根誠司のアシスタントとして知名度を上げた川田裕美なども注目の的だ。
 
 いずれにしても、かつては男性MCの脇でアシスタントに徹していた女性アナウンサーが、今やメインを張り、自らの声で思いを届けるようになったことは大きな変革だ。これからもさらに注目していきたい。 (芸能ライター・飯山みつる)

【関連記事】
水嶋ヒロの姉は「キレイなお姉さん」だった
チノパン 背中のぱっくり開いた黒のドレス姿でセレブ感満載
草野仁氏 思い出の女子アナは野際陽子さんと下重暁子さん

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP