体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LCCが安すぎるので沖縄から東京まで飛行機通勤してみた

LCCが安すぎるので沖縄から東京まで飛行機通勤してみた

いま、飛行機代が本当に安い。LCC(格安航空会社)なら、時期にもよるが成田から沖縄まで往復1~2万円台で行けてしまう。週末ふらりと小旅行気分でどこへでも行けるし、これほどの安さなら、例えば札幌や沖縄から東京のオフィスへ「飛行機通勤」なんてことも可能かもしれない。

そこで、沖縄に自宅、東京に会社があると想定し、平日に「通勤」できるのか検証してみようと思う。

沖縄から東京まで、実際に「通勤」してみた

というわけで、筆者は今、東京から成田空港に向かう特急電車にいる。東京のオフィスを退社し、沖縄の自宅に帰宅する(という体)ところである。

東京駅から空港第2ビル駅(LCCの便が発着する第3ターミナルの最寄駅)までは約50分。最も航空券代が安かったジェットスター那覇空港行きの最終便に乗るには16時30分には会社を出なければならない。短時間勤務になるため、不足分は電車内や飛行機内でのノマドワークで補う必要がある。

なお、LCCが発着するのは羽田に比べて都心からのアクセスが不便な成田空港の、さらに奥の奥にある第3ターミナル。最寄りの空港第2ビル駅から搭乗口までは早歩きでも15分くらいかかることを覚悟しておこう。まあ特殊なことをやるならこれくらいは我慢。健康のためにひと駅前で降りて歩くのと特に変わるまい。

成田空港から那覇空港までのフライト時間は約3時間。PCを機内モードにして仕事をしていたらすぐに着いてしまった。飛行機を降りると、南国らしいもわっとした湿気を含む空気を感じる。バリバリの平日、それも月曜のド頭から沖縄にいるという夢みたいな状況に軽くテンションが上がる。明日の朝には東京の会社に出社しなければいけない現実はなるべく考えないことにして、せっかくなので限られた時間で那覇を満喫しよう。もう22時過ぎてるけど。

夜11時からの那覇を堪能してみる

那覇空港から市街地まではゆいレールで15分くらい。深夜までにぎわう国際通りにも近いし、国際通りまで行かなくても平日遅くまでやっている飲み屋がけっこうある。なんだ、23時くらいからでもけっこう満喫できそうじゃないか。【画像1】自販機のラインアップに沖縄を実感する(写真撮影/榎並紀行)

【画像1】自販機のラインアップに沖縄を実感する(写真撮影/榎並紀行)

ホテルに向かう道中にあった、いい感じの沖縄家庭料理を出しそうなお店に入ってみる。

【画像2】東京ではあまり見かけない瓶のオリオンビール(写真撮影/榎並紀行) 【画像2】東京ではあまり見かけない瓶のオリオンビール(写真撮影/榎並紀行)【画像3】ミミガー、海ぶどう、島らっきょうの「沖縄三種盛り」と島ダコ(写真撮影/榎並紀行)

【画像3】ミミガー、海ぶどう、島らっきょうの「沖縄三種盛り」と島ダコ(写真撮影/榎並紀行)

ここは完全に当たりで、安くてうまくてボリュームもある、つまり超最高の名店だった。とはいえ、オリオンビールとつまみ3~4品も頼めば2000円は超える。リゾート地にいるとつい財布のひもが緩んでいろいろ注文してしまうので、沖縄暮らしは飛行機代よりエンゲル係数との闘いなのかもしれない。【画像4】沖縄天ぷら盛り合わせ。魚、イカ、インゲン、ゴーヤー、イモ、薬草、島らっきょうという盛りだくさんで880円(写真撮影/榎並紀行)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。