ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“天国の入口”と呼ばれるスイス最果の村へ / ヘルマンヘッセや新田次郎が愛した隠れ里

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『車輪の下』『デミアン』などの著作で知られるドイツの小説家ヘルマンヘッセや、山岳小説家として知られる新田次郎、そして画家セガンティーニやオーストリアの詩人リルケなど、感性すぐれた著名な芸術家たちが好んだスイスの小さな村ソーリオ(Soglio)を訪ねました。

・ほぼイタリア / 国境手前にある辺境の村
いつしか時の流れが止まってしまったかのような、古の風景が残るスイス東部のグラウビュンデン州。イタリアとの国境でもあるこのエリアのほぼ最奥に、多くの芸術家たちが愛した村ソーリオがあります。

人口は200人未満、食料品店も日中の数時間だけオープンするものがぽつぽつと建つだけ。それでもこの地を訪れる人が通年たえないのは、画家セガンティーニが「天国の入口」と評する、その美しい村の風景にひみつがあるようです。

・どこまでも0(ゼロ)に近い村
30分あれば一周できるほど、小さなソーリオ。イタリアとの国境近くにあるこの村は高台にあり、交通手段はポストバスのみです。近郊の主要リゾート地サン・モリッツからは、バス4・632番で、約1時間30分ほど。停留所に降り立つと、スイスアルプスに囲われた村の風景が眼前に広がり、遠くには針峰のブレガリア山群がそびえています。

白亜の教会をはじめ、この村には100~200年前に建てられた、レート瓦の屋根の家が点在。石畳の細い路地を巡るうちに、絵本のなかの風景に迷いこんだかのような錯覚におちいります。ここからはハイキングコースも延びているので、晴天にめぐまれれば、隣のバス停まで散歩するのもおすすめです。

もっと詳しく読む: “天国の入口”と呼ばれるスイス最果の村へ / ヘルマンヘッセや新田次郎が愛した隠れ里(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/11/12/swiss-soglio/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP