ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オンライン映画館『アップリンク・クラウド』で、遺伝子組み換え作物の安全性を考えよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫


次期アメリカ大統領に、ヒラリー・クリントン氏よりも徹底してTPP(環太平洋パートナーシップ協定)に反対の立場をとってきたドナルド・トランプ氏が決定した。日本の与党は、それでも基本的に関税や貿易障壁を撤廃しグローバル企業のビジネスを加速させるTPPを推し進めようとしている。2012年にアップリンクでは「IMAGINE after TPP ── 未来について、映画を通して一緒に考えよう、わたしたちの暮らし」と銘打って、「TPP映画祭」を開催した。その「TPP映画祭」でプレミア上映されたのが、世界の遺伝子組み換え作物市場の90%を占めるモンサント社を追ったドキュメンタリー作品『モンサントの不自然な食べもの』だ。モンサント社は今年ドイツの医薬・農薬大手バイエルに買収され、さらに巨大なアグロバイオ企業となっている。TPPの締結により、日本に多くの外国の作物だけでなく、遺伝子組み換え種子も輸入されるようになり、遺伝子組換え食品の表示義務も脅かされる。自社の利益のためなら政府をも動かそうとするグローバル企業が開発し、世界に販売する遺伝子組み換え作物。アップリンクでは、その安全性について考えようということで、3本のドキュメンタリー作品、『モンサントの不自然な食べもの』『世界が食べられなくなる日』『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』を、オンライン映画館『アップリンク・クラウド』で上映する。また、期間限定で『モンサントの不自然な食べもの』を、11月10日(木)17:00から13日(日)13:59までの3日間、実質無料上映となる、100%割引のプロモーションコードを発行。(プロモーションコード:TPPMNSNT)

 

◆『アップリンク・クラウド』URL
http://www.uplink.co.jp/cloud/
※特集ページのオープンは2016年11月10日(木)17:00となります。

 

———————————————————-

『モンサントの不自然な食べもの』

 

<作品紹介>
世界の胃袋を握ること、それがモンサントのビジネス戦略。農業大国フランスで150万人が観た「食」、ひいては「いのち」をめぐるドキュメンタリー。ヨーロッパ各国のGMO(遺伝子組み換え作物)政策にも大きな影響を与えた作品。

(監督:マリー=モニク・ロバン/2008年/フランス、カナダ、ドイツ/109分/原題:Le monde selon Monsanto)

◇500円(購入後の視聴可能時間は72時間)
◇3日間限定無料プロモーションコード:TPPMNSNT
(2016/11/10 17:00から2016/11/13 13:59まで有効)
———————————————————-

『世界が食べられなくなる日』

 

<作品紹介>
世界初、遺伝子組み換え作物を与えたラットの長期実験にカメラが密着。20世紀に生まれた“遺伝子組み換え”と“原子力”の意外な共通点……。暴走する2つのテクノロジー、その先にどんな世界が待っているのだろうか?

(監督:ジャン=ポール・ジョー/2012年/フランス/116分/原題:Tous cobayes?)

◇500円(購入後の視聴可能時間は72時間)
———————————————————-

『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』

 

<作品紹介>
イクメンパパが子どもの食の安全を守るため、遺伝子組み換え食品について世界中でインタビューを敢行したドキュメンタリー。遺伝子組み換え市場シェア90%のモンサント本社や、種を保管する種子銀行の冷凍貯蔵庫などを取材し、食産業の実態に迫る。

(監督:ジェレミー・セイファート/2013年/アメリカ、ハイチ、ノルウェー/85分/原題:GMO OMG)

◇500円(購入後の視聴可能時間は72時間)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP