ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京で食べられる「チーズ専門店」の金賞リコッタ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「Calolimit HUNGRY OUT」。11月11日(金)は“チーズの日”ということで、この日のオンエアでは先日開催された「Japan Cheese Award 2016」で、最優秀賞を含め3つの賞を獲得! プロの料理人からも絶大な支持を得ている「SHIBUYA CHEESE STAND」を紹介しました。

実は、渡部も何度か足を運んでいるお店で、「おいしいんです!」と、コーナーの冒頭から絶賛していました。行列のできるお店で、イートインスペースもありますが、渡部は「テイクアウトして、家で、ちょっと良いワインを開けたりしていただく」そうですよ。

スタジオにはお店の代表で、チーズ職人の藤川真至さんにお越しいただきました。藤川さんはイタリアのチーズ工房で学んだ経験を活かして、4年半前に「SHIBUYA CHEESE STAND」をオープン。先述のJapan Cheese Award 2016では、全国65の工房から185品がエントリーする中、4品をエントリーして3品が賞を獲得したそうです! 「4年間、頑張った甲斐がありました」と藤川さん。

定番の「モッツァレラ・チーズ」は、都内から届く新鮮なミルクで毎日作っており、ミルク感を感じられる一品で、モッツァレラ部門で銅賞を受賞しました。「ブッラータ・チーズ」は、イタリアのプーリアが起源のチーズで、2012年に藤川さんたちが日本で初めて製造。こちらは、モッツァレラのバラエティ部門で銀賞を受賞。渡部もよく購入する一品で、渡部によると、「(皿についたチーズを)なめまわす」ほどのおいしさだそうです(笑)。「リコッタ・チーズ」は、チーズを作るときに出るホエイをもとに作られます。パンケーキなどによく使われるそうですが、こちらはなんと、リコッタのプレーン部門で、金賞&最優秀部門賞をW受賞した一品です!

スタジオには、そのリコッタが登場。食感、ミルク感が感じられるように、温度や酸度を調整しながら作っているそうです。ハチミツをかけてデザートのようにして食べるのがオススメだとか。渡部は「ハチミツの甘さに誘発されるけど、リコッタの甘みに気づきます。幸せなミルクの香りもします」と絶賛! さらに、旬のフルーツの柿とチョコレートと合わせて食べたところ「リコッタの味があるのに、他の味とケンカしません!」と感激していました。

お値段は100グラム480円。「SHIBUYA CHEESE STAND」は、来年にフランスで開催される国際コンクールに出場します。12月にはワインやオリーブオイルも販売する新店舗もオープンするそうで、要チェックです!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分―20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP