体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本場ドイツの雰囲気を堪能!「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」へ

クリスマスマーケット

本場ドイツのクリスマスマーケットを横浜赤レンガ倉庫でも堪能!毎年たくさんの来場者でにぎわうこのイベントも今年で7回目。今回はドイツの雪深い冬の景色をイメージしたホワイトやシルバーの装飾が会場全体を飾ります。

ヒュッテと呼ばれる屋台で販売されるのは「シュトーレン」というドイツの伝統焼き菓子や、こちらもクリスマスではお馴染みのホットドリンク「グリューワイン」。イベント期間中はオーナメントやリース作りのワークショップも開催されます。

温かなイルミネーションの光がクリスマスの特別な夜を演出してくれるはず…♪

クリスマスマーケットで味わうべきは…?

クリスマスマーケットは、クリスマスの訪れを待つ「アドヴェント」の期間にクリスマス準備のショッピングを楽しむイベントです。1393年にドイツのフランクフルトで始まったと言われています。クリスマスマーケット

屋台では雑貨や食べ物、ドリンクを販売

マーケットに立ち並ぶ木組みの屋台ではさまざまな雑貨や食べ物、ドリンクが販売されますが、定番はやっぱり甘くて温かいグリューワイン。ワインにシナモンなどの香辛料やシロップを加えて温めて作るホットドリンクです。

定番は赤ワインですが今年は白ワインで作ったグリューワインも登場するとの情報が!かわいいマグカップで提供され、持ち帰ることもできるので自宅でも楽しめそうですね(マグカップ代別:1000円)。グリューワイン(赤)

かわいいマグカップで提供されるグリューワイン(赤:700円)

他にもドイツ料理の定番ソーセージやケーキのような焼き菓子・シュトーレンもお見逃しなく!熱々のホットチョコレートが付いた特大マシュマロも初登場するそうです。

食べ歩きもクリスマスマーケットの醍醐味♪寒く暗い冬の夜を明るく照らすマーケット屋台の光と温かいドリンク、クリスマスならではのフードで、訪れる人の心も温めてくれることでしょう。特大マシュマロ 熱々とろ~り、ホットチョコレートがたっぷりかかった特大マシュマロはいかが?(500円)バウムクーヘン

焼きたてのバウムクーヘンには好みのトッピングを♪(800円)

シンボルツリーの下で「幸せの鐘」を鳴らそう♪

シンボルツリー

ロマンチックなモミの木の並木道

マーケット会場に入ると温かみのあるLEDライトで飾られたモミの木がずらり。光の並木道となって出迎えてくれます。今年の会場内は雪景色をイメージしたデコレーションでさらに幻想的な空間に。

会場海側に立つ10mの巨大な「モミの木ツリー」へは是非カップルで行ってみてください。一緒に鳴らすと幸せになれると言われている「幸せの鐘」がありますよ♪モミの木ツリー
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。