ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

口臭は5つの原因から!今日からできる正しいお口のエチケット

  • ガジェット通信を≫


普段から口臭ケアはされていますか? 口臭は中々自分では気が付けないですよね。

そこで今回は普段からケアしている人もそうでない人も知っておきたい口臭の原因や対応策について解説していきたいと思います。

要チェック項目

□口臭は口内環境だけでなく胃腸の調子も影響している

□口臭ケアにはストレス解消も効果的

□食べ物でも口臭予防が可能

まずは口臭があるかチェック

自分は口臭がするのかは非常に気になりますよね。口臭はチェックすることができるので気になる方はチェックをしてみてください。チェックの方法をご紹介します。

マスクをする

マスクをつけてゆっくり息を吐いてみてください。適度に息を吐いたら、今度はマスク内で鼻から吸ってみることで口臭を確認することができます。

マスクは素材によっては元々臭いがある場合があります。口臭をチェックする場合はなるべく臭いのしないものを使用しましょう。

コップに息を吐く

コップに息を吐き、すぐにラップなどを上にかけて吐いた息が逃げないようにしてください。数分放置した後、上にかけていたラップを外し臭いを嗅ぎましょう。臭いがあるようなら口臭があるかもしれません。

歯垢の臭いを嗅いでみる

歯垢は口臭の原因にもなります。歯磨きする際、除去した歯垢の臭いを嗅いでみてください。磨き残しが多いと口臭もするようです。

自分の手を舐める

自分の手を舐めて、乾くまで放置をしてみてください。乾いたら舐めてないほうの手と比較して臭いがするか確かめてみてください。

不快な臭いがするようであれば、唾液が口臭の原因と考えられます。

歯科医院に行く

歯科医院で口臭をチェックしてもらうことができます。セルフチェックよりも高精度に口臭をチェックできます。

料金は歯科医院によって差があるので、口臭チェックをしてもらいたい方は歯科医院に問い合わせてみましょう。

口臭の5つの原因

ではなぜ口臭が出るのか見ていきましょう。主な5つの原因を見ていきましょう。

緊張している

緊張状態になると唾液の分泌量が低下します。唾液分泌量が低下することで、口の中で菌が増殖し、口臭が出ます。

正しいブラッシングができていない

歯垢は雑菌の温床です。正しいブラッシングができておらず、歯垢が口内に残ったままだと口臭の原因になります。

舌に汚れがついている

下の汚れの事を舌苔(ぜったい)と呼びます。舌苔も歯垢と同様雑菌の温床で口臭の原因となります。

舌苔は唾液の分泌不足、舌の上に食べかすが溜まる、口の中の上皮組織が下の上に溜まることで多くできてしまうようです。

口臭のする食べ物を食べている

ニンニクやニラなど口臭が強くなる食べ物があります。特にニンニクは臭いの原因である成分が腸で吸収され、肺で分泌されるため長く口臭として残りやすいようです。

胃腸の状態が悪い

口と関係ないので見落としがちですが、胃腸の状態が悪くても口臭は発生します。

理由は消化力が低下している事のようです。消化力の低下は食べたものが十分に消化されず、臭いの原因物質が残ってしまいます。残った原因物質は血液を通じて肺に送られ、息として口から排出されます。

体のトラブルによる口臭の原因

病気が原因で口臭が出ている場合があります。こちらも代表的な3つの病気を見ていきましょう。

虫歯

口臭の原因で最も多いとされているのは虫歯です。虫歯にかかると歯にどんどん穴が開いていきます。穴の開いた歯は食べかすが非常に詰まりやすくなります。

詰まった食べかすに細菌が繁殖していき、口臭になってしまいます。

歯周病

歯周病は歯と歯茎の間に細菌が溜まり、炎症が起こった状態です。歯周病が悪化すると歯周ポケットを深くしてしまい、その中に食べかすが詰まってしまいます。

虫歯と同様、詰まった食べかすに細菌が繁殖することで口臭となります。

扁桃腺炎

扁桃腺がウイルスや細菌に感染して起こる病気です。扁桃腺炎になるとウイルスを殺そうと白血球が働きます。

死んだウイルスや細菌、白血球は白い塊となって残り、膿栓と呼ばれます。膿栓はつぶれてしまうと強烈な悪臭を放ちます。

今日からできる口臭ケア

では口臭はどのようにしてケアすればよいのでしょうか。簡単にできるセルフケアをご紹介します。

デンタルフロスを使う

歯垢が残ることで口臭の原因になります。ブラッシングのみでは完璧に歯垢の除去は行えないので、デンタルフロスを利用して歯垢を除去しましょう。

口臭を防ぐ以外にも歯周病予防、虫歯予防など口のトラブル防止にもつながります。

舌もブラッシングする

舌苔は口臭の原因になりやすいので、歯磨きをする際一緒に舌を磨く事で口臭の予防ができます。

ただし、磨きすぎは舌を傷つけてより下苔を作りやすくしてしまうので注意しましょう。

ストレスを解消する

ストレスが溜まると胃腸の不調、さらには舌苔をつくりやすくしたり、唾液の分泌量を低下させたりします。

口臭予防のためにもストレスを溜めない生活を心がけましょう。

適度に水分を摂る

適度に水分を摂ることで、口の中を洗浄することができます。歯や歯茎、舌の上などをそれぞれ洗浄するつもりで水分を摂ってみてください。

また、緑茶に含まれるカテキンは口臭予防に効果があるとされているので、緑茶を使うとより効果的です。

口臭を予防する食べ物をご紹介

口臭予防にはどのような食べ物が効果的なのでしょうか。手軽に入手できる食べ物をご紹介します。

緑茶

緑茶にはカテキンが含まれています。カテキンは強力な抗酸化作用、血行促進、糖尿病予防など様々な効果があります。

ただし緑茶にはカフェインも含まれており、飲みすぎは唾液分泌量を低下させ、逆に口臭の原因になることもあります。

酢には強力な消臭効果があります。酢にはカルシウム、マグネシウム、カリウム等が多く含まれており、においの元の分解を手助けしてくれます。

柑橘類

柑橘類には唾液分泌作用や、胃腸の調子を整える効果、ストレス緩和効果があります。いずれも口臭の原因を取り除くのに最適です。

柑橘類には当分も含まれているので、適量を食べるようにしましょう。

ヨーグルト

ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれています。乳酸菌は虫歯原因菌の増殖を抑制する効果があります。

ただし、プレーンヨーグルト以外には糖分も含まれているため、摂りすぎないようにしましょう。

キウイ

キウイにはタンパク質分解酵素が含まれております。舌の上に溜まる舌苔はタンパク質で構成されており、これを分解することで口臭を減らしてくれます。

また、キウイにはビタミンCも多く含まれておりストレス緩和作用もあるようです。

口臭予防を行い口臭の悩みから解放されましょう

いかがでしたでしょうか。口臭は様々な原因で起こりますが、自分でできるケアも非常に多いですね。

口臭があるかもと悩むことがストレスになり、本当に口臭が発生してしまうかもしれません。

普段から口臭ケアを行い、口臭の悩みから解放されましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

口臭は臭い玉(膿栓)が原因かも…今すぐできるセルフチェック方法
口臭の原因とは?口臭チェッカーでいろんな匂いを計測してみた
ドクターが教える!マウスウォッシュの効果と正しい選び方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP