ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 7.1ベースのCyanogenMod 14.1の現状を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今週 Nightly ビルドとして正式にリリースされた CyanogenMod 14.1 の現状をスクリーンショットと共にお伝えします。CyanogenMod 14.1 は AOSP で公開された Android 7.1 のソースコードを基に開発されているカスタム ROM で、現時点では開発がスタートしたばかりなので、CyanogenMod 13.x の機能の移植やローカライズは完了していません。OS バージョンが Nougat に刷新された点を除けば、現時点で CyanogenMod 13.x からの大きな違いは見られませんが、確認したところ、Cyanogen セットアップウィザード、Live Display、ボタンのカスタマイズ(Buttons)、ステータスバーのカスタマイズ(Status bars)、プライバシーガード(Privacy)は移植済みでした。また、GApps を追加した状態では、初回起動時にホームアプリを「Pixel ランチャー」または「Google Now ランチャー」から選択する仕組みとなっており、カメラアプリには「Google カメラ」がデフォルトでセットされています。移植は思いのほか進んでいるようでしたが、独自機能についてはまだ日本語化されていせんでした。しかし、Android としての動作は非常に安定しているので、Android 7.1 を試すだけなら満足できるレベルの仕上がりだと言えます。

■関連記事
Xiaomi、11月11日のフラッシュセールで100万台のRedmi 4Aを販売
Google、最新のPixel Tips動画で指紋認証機能「Pixel Imprint」の使い方を紹介
Google Pixel / Pixel XLではGoogleフォトの「元の解像度」アップロードがずっと無制限

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。