体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

謎の男により姿かたちが変わっていく家族……崩壊した関係に希望はある?

1611121

『歓待』、『ほとりの朔子』など、日本のみならず世界にも注目される深田晃司監督の最新作『淵に立つ』が公開中。

小さな金属加工工場を営む夫婦とその娘の前に、ある日、夫・利雄の旧い知人で前科者の男・八坂が現れる。断りもなく自宅の空き部屋を男に提供する利雄に妻・章江は戸惑うが、礼儀正しく、娘のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に次第に好意を抱くように。しかし、ある時、八坂は一家に残酷な爪痕を残して姿を消してしまう。それから8年後。皮肉な巡り合わせにより、八坂の消息をつかめそうになるのだが――。

家族を翻弄する狂気を秘めた男・八坂を浅野忠信が怪演! 深田監督ならではの圧倒的な人間描写で、“家族”の価値観に揺さぶりをかける衝撃作。

淵に立つ
監督:深田晃司
出演:浅野忠信、筒井真理子、古舘寛治、太賀
(2016年/日本・フランス)
公開中
©2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS
http://fuchi-movie.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。