体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

《超悶絶級》死ぬかと思った歯にまつわるエピソード5選

《超悶絶級》死ぬかと思った歯にまつわるエピソード5選
生活の中であまりの激痛やアクシデントに思わず「死ぬかと思った…」とつぶやいてしまうようなエピソード、ありますよね。

激痛と言えば歯に関する事故やケガが起きてしまうと、想像するのも怖いくらいの痛みが襲ってきそうです。

そこで今回は「死ぬかと思った歯の5つのエピソード」の応急処置や、治療方法などを歯科医師の彦坂先生に解説していただきました。

エピソード1:歯が根元から折れる

《超悶絶級》死ぬかと思った歯にまつわるエピソード5選

応急処置方法

神経の真ん中で歯が折れると痛みが出てくる場合があります。いち早く受診する必要があります。歯が完全に脱落していても再度くっつけることが出来る場合がありますので、歯科医院または救急病院に歯を持参するのをお忘れなく。

その際、歯を生理食塩水かなければ牛乳等につけて持ち運びます。歯を乾燥させたり、ティッシュ等でふき取ってしまうと歯が使える可能性は減ってしまいます。

歯科での治療内容

病院ではレントゲンや残りの歯の具合から歯の治療方法を判断します。

1:歯が根の先まで縦に割れてしまった場合

この場合は保存不可能となりますので、抜歯することになります。

2:歯が半分程度の位置で横に割れた場合

歯の根が使えそうな長さ残る場合には、神経の処置をしてから差し歯になります。

3:歯の頭の部分が少し折れた状態

歯の欠けた部分をレジンというプラスチック又はセラミックで修復します。(神経に炎症なく痛み等ない場合)

4:歯が完全に脱臼した場合

歯を再植し、固定する方法があります。歯が完全に抜け落ちても諦めずに早めの受診をお勧めします。

特に子どもの場合、歯に強い衝撃が加わった時に折れるより、抜け落ちる又は位置がずれることが多いです。受傷後、いかに早い時間に処置をするかで予後がかわるので、痛みが無くてもすぐかかりつけ医院に連絡しましょう。

危険性を歯科医の視点から解説

歯が抜けたり、折れた場合にはいち早い処置が必要です。痛みが無くて受診を先延ばしにすると、最悪歯を抜かなくてはならなくなってしまうかもしれません。

歯に強い衝撃を受けた場合、見た目は何ともなくても後々歯の神経が死んだり、歯の内部吸収が起きる場合もあるので専門医を受診しておくと安心です。

エピソード2:麻酔が効かないまま歯を削られる

《超悶絶級》死ぬかと思った歯にまつわるエピソード5選

麻酔が効いているかどうかの判断の仕方

1:しびれてきているかどうか

2:歯茎の周りを触っても感覚がないかどうか

3:少し削って痛みがないか

麻酔が効かない場合

1:歯に強い炎症が出ている

歯髄炎などによって、痛みが強く出ている場合や、何日も歯が痛くてその後受診した場合など、歯に炎症が出ている場合麻酔は効きにくくなります。

2:骨に厚みがある

男性の体格がいい方などは骨に厚みがあり、麻酔の浸透が遅い場合があります。

また、上の顎の骨より、下の顎の骨の方が骨が緻密なので麻酔が効きにくい場合があります。よって下の歯の方が麻酔が効きにくい場合が多いです。

危険性を歯科医の視点から解説

痛みを我慢して治療を受けるのは危険です。特に高血圧の方や、心臓疾患がある場合、痛みにより血圧が跳ね上がります。 我慢せず痛みがあることをしっかり伝えましょう。

自身の正常時の血圧や、持病、飲んでいる薬を歯科医院に伝えておくことも必要です。

エピソード3:何年も放置した虫歯

《超悶絶級》死ぬかと思った歯にまつわるエピソード5選

応急処置方法

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。